女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

パンプスで足が痛くならない3つの方法

   


パンプスを履くと足が痛い


Photo by Comstock Images / Stockbyte

足ほんま痛いなと思ったら
パンストに血ついてた
パンプス慣れなさすぎ pic.twitter.com/gPFsjElPgM

い、いたそう…(´;ω;`)

今年から、生足卒業して、ストッキング履いてみたけど、慣れない。しかも、パンプスの中で足が前に滑る感じ。そんでもって、左足のひとさし指の、皮がめくれてしまった。痛い。うえーん。泣く。


Photo by Jupiterimages / Stockbyte

どうしたらいいだろ…

パンプスやハイヒールなど、デザインを優先したものは足に大きな負担をかけてしまいがちです

どうしても体重が指の付け根のすぐ下に集中してしまうので、「底豆」ができ、痛くなります

パンプスに小指当たって痛いんですけど?!←

パンプスにちょっと工夫するだけ

靴底に貼るゴム状のクッションは、歩いたときに足の甲にかかるショックを吸収してくれるので歩くのが楽になりますよ

靴底に貼るタイプのクッションパッドは、地面に着地したときの衝撃を抑えてくれるので、ジャストサイズのハイヒールを履きこなすのに最適

靴の滑り止めにもなり、靴の寿命も延びるという利点もあります

お気に入りの靴はやっぱり長持ちさせたいですよね

100円ショップで足に入れるクッションを買ってみました。よく履く靴には予め貼ってしまっています。痛くならないですよ

100均で買えちゃうならすぐにできそう!

痛くなる箇所が決まっている場合は、そこに厚めのスポンジやパフを入れてテープなどで固定しておくと、より衝撃を吸収してくれます

長時間歩くときは固定した方が便利かも

メイク用のパフやスポンジを土踏まずに挟むことで、つま先にかかる負担が拡散されて痛みが軽減されるようです

台所用のスポンジを切って入れてもいいみたいですよ

パンプスの三角の部分に足の指がギュウ~っとならないので、快適です!ぽろっと出てきても、ティッシュの固まりほど恥ずかしくありません

これなら普通に脱いでも大丈夫そう^^


Photo by George Doyle / Stockbyte

履き慣れるには時間がかかるので、ドライヤーを使って先に足に馴染ませておくといいみたい

調子にのって新しく買った
パンプス履いたら脚痛い。
ビジューついてて一目惚れして買ったヤツ。
足に馴染ませないと痛い。
そして、脚が太いのバレるぅ。 pic.twitter.com/nmkVokHBlL

履きなれないとすぐ痛くなっちゃう…

靴下を何枚か重ね履きして、部屋のなかでハイヒールを履きます。そして痛みを感じる部分にドライヤーを当てると、素材が馴染みやすくなるそうです

痛くなってしまったときの応急処置


Photo by Creatas Images / Creatas

履いてる途中で痛くなってしまった時はどうしたらいいの?

なんでサイズぴったのパンプスで靴ずれなるん;;痛い;;

応急処置としては、前方で地面を踏みつける部分、足の指の付け根一帯(つま先立ちをして足が曲がる部分)に薄くハンカチをあててみましょう

ハンカチは靴の中に入る薄いものがいいみたい


Photo by Siri Stafford / Photodisc

ひどくなると赤くなったり水ぶくれになることも

赤くなったり水ぶくれが出来た場合、絆創膏(足専用の絆創膏なら尚よし)を貼り、ストッキングや靴下を着用する

ポインテッドトゥやっぱり苦手
足痛い、、、なんで履いてきたんやろ( ;´Д`)
絆創膏で応急処置( ;´Д`)


Photo by Paul Bradbury / OJO Images

お出かけする前にやっておくといいですね

靴擦れ予防は面倒臭がらずにしておくと後々ずいぶんと楽。この春は靴擦れ知らずで美足を際立たせましょう!

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE