女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

これぞ理想!吉永小百合に学ぶ本当に美しい女性のあり方

   


現在71歳の吉永さん


BERLIN – FEBRUARY 13: Actress Sayuri Yoshinaga attends the ‘Our Mother’ Photocall as part of the 58th Berlinale Film Festival at the Grand Hyatt Hotel on February 13, 2008 in Berlin, Germany. (Photo by Sean Gallup/Getty Images)

1945年3月13日生まれ

吉永小百合さんが70なんて嘘だね

事実なんです…!

んんん〜おばあちゃんになったら吉永小百合のようになりたい〜〜〜おじじと縁側でお茶飲みた〜〜〜〜〜い!

見た目の美しさを保つだけではなく、内面からの美しさも問われる意味で、“綺麗に歳を重ねること”は案外難しい

やはり大切なのは「内なる美」

吉永小百合さんは内面から輝く美しさが感じられます。心の美が吉永小百合さんをさらに美しく見せているのだと想像しています


BERLIN – FEBRUARY 13: Actress Sayuri Yoshinaga attends the ‘Our Mother’ Photocall as part of the 58th Berlinale Film Festival at the Grand Hyatt Hotel on February 13, 2008 in Berlin, Germany. (Photo by Andreas Rentz/Getty Images)

二宮さんは名前の和也を本来の(かずなり)ではなく(かずや)とスタッフや共演者から間違えられやすいものの、間違えられることに慣れ、諦めてしまっていた

僕自身、半ばかずやでもいいかなと思っていたところ、僕と吉永さんと第三者がいる時に(吉永さんから)“かずなりさん”と呼んでいただき、周りに“かずやじゃないよ、かずなりだよ”と宣伝活動してくれた。“かずや”でいいやと思った自分をぶん殴ってやりたいと思った

二宮和也のコメントより

吉永小百合さん優しい
和也をかずなりって呼び続けるところが特に

けがをしたって前向きに

ベッドから転落して頸椎(けいつい)を亜脱臼し、来月にも手術を受ける西田敏行(68)が司会だったため、「西やんが痛んでらっしゃるので、痛みを分かち合おうと、滑って転んで手首を骨折してしまった」と冗談交じりに話した

「油断したから、気合入れて体づくり頑張ります」と前向きにコメントをしている

吉永小百合骨折してても超綺麗な立ち振る舞いやった

人に無駄な心配をかけないって難しいけど大切です

自分の体を気遣うのが「美の秘訣」

吉永小百合さんは自分の体といつも会話するようにしているそうです。体の声に耳を傾けて、調子を整えている

毛穴が開くまでお湯の中へ顔を入れて、口からブクブクと息を吐き毛穴の汚れを落とします。そして、練石鹸などで洗顔をした後、多めのコールドクリームでゆっくりマッサージしながら残った汚れを落とします

最初に使用したお湯よりも少し熱いお湯を準備しておいて、クリームを拭き取った後、そのお湯に顔をゆっくりと沈めるのですが、この時、ぶくぶくと泡立つように口から息をはき、息継ぎをしながら数回繰り返します。こうする事で、毛穴の汚れの殆どが出てくるようになります

お風呂が貸し切り状態やったから、あの吉永小百合さんが実践しているという ぶくぶく洗顔をしてみた。これは他人には見せられない姿…でも効きそう!もちっとなった気がする… pic.twitter.com/FaEV24rAkw

基本だけでも体力づくりを!

「平成21年度体力・運動能力調査」によると、20~64歳の成人において運動する人としない人では最大20歳の体力差があることが分かりました!

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE