女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

男性を惹きつける”美人ホルモン”『エストロゲン』を増やす方法

   


◆美人ホルモン『エストロゲン』って?


Photo by Polka Dot RF / Polka Dot

女性の一生でティースプーン1杯分しか分泌されないといわれるエストロゲン。

女性の肉体とココロに深く関係していて、女性の中の「コレぞ女ッ!」と思える女らしい部分を全て作り上げている


Photo by Stockbyte / Stockbyte

男性が女性に強く惹かれるのは、女性そのものというより、「エストロゲン」といっても過言ではアリマセン

◆エストロゲンの役割(カラダ編)


Photo by Jupiterimages / Pixland

コラーゲンの合成を進め、艶やハリのある肌を保つ。

女性の乳房や太股、腰回り等に皮下脂肪を増やし、外見的にも女らしいボディラインを作り上げる。


Photo by Marili Forastieri / Photodisc

女性に月経をもたらし、妊娠しやすい身体とココロに整える。

イギリスのある大学の調査によれば、 高レベルの「エストロゲン」を持つ女性は、カワイイ顔になるという結果が出ている

◆エストロゲンの役割(ココロ編)

精神面では、気分を明るくさせて、穏やかにする作用アリ。

「テストステロン」が多めの女性は攻撃的で、「エストロゲン」が多めの女性は穏やかで従順なんだそう。

◆エストロゲンが不足すると…

エストロゲンが不足すると血管が固くなり血行が悪くなるだけでなく、悪玉コレステロールが増え流れの悪いドロドロ血液になってしまうのです。

血行が悪くては、冷えはもちろん、お肌の細胞まで栄養が届かず乾燥やシワに悩まされることになってしまうのです!

◆エストロゲンの減少を防ぐには?

エストロゲンが加齢とともに減少していくのを防ぐには恋をするのがとても効果的です。

それが片思いだとしても、“ときめく”という行為が脳には重要。セックスも女性ホルモンを活性化してくれます。


Photo by Creatas Images / Creatas

週に1度、ボクササイズやエアロビクス、ダンスなど全身を使った激しい有酸素運動を30分以上して、汗をきちんとかくこと。

ゴルフやウォーキングなどの軽い運動はあまり効果的ではありません

10時~12時に寝るのは難しくても、6時間良質な睡眠がとれたらOK。

寝る前にストレスを持ち込まず、夜にリセットさえできれば、日中のストレスは問題なし。寝る前の1時間前に携帯やPCは見ないこと


Photo by Jupiterimages / Goodshoot

◆エストロゲンUPに効果的な食べ物と食べ方のポイント

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE