女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

目の下の “クマ” をうまく隠すメイクをしよう

   


自分のクマがどのタイプか知ろう

「目のクマ」はできる原因などにより「青グマ」「黒グマ」「茶グマ」の主に3つのタイプに分けられます。

茶グマ→シミ、くすみ、色素沈着によるもの。 黒グマ→むくみやたるみによって目立つ。 青グマ→血液が滞って青く見える。


Photo by Jupiterimages / Pixland

毎日忙しく生活しているといつのまにか出来てしまう目の下のクマ。クマ対策をするには、自分のクマのタイプを知るところから始めましょう。

ファンデーションは控えめに

クマが目立つ目の下は、ファンデーションよりもコンシーラーでカバーしたいので、ファンデーションはつけません。

クマの部分にだけ、ブラシを使ってコンシーラーをつけ、中指で軽くトントンと押さえるようにしてなじませます。

コンシーラーを使ったあとはフェイスパウダーでおさえます。固いコンシーラーはよれることがあるので使いか方に要注意!

クマのタイプ別に異なる色を使う

自分のクマタイプを見分けて、キレイにカバーできるコンシーラの色を選びましょう。

茶クマ→オススメのコンシーラの色はイエロー系。 青クマ→オススメのコンシーラの色はオレンジ系。

黒クマ→オレンジ色の練り状コントロールカラーなどもあるので、練り状コンシーラーと混ぜてのせれば、バッチリ隠れます。

色によって使うコンシーラーの色が変わってくるので、色選びに気をつけましょう。

青クマ対策

青くま改善に効果的な、簡単な血行促進方法をあげてみましょう。

目元をホットタオルやウォームマスクで温めるだけで、血行をよくし、ドライアイや疲れ目を緩和。


Photo by Maria Teijeiro / Lifesize

青くまに効果的なのは血行促進。目元を温めるなど、血流を促す対策をしましょう。そのほかにも様々な対策があります。

http://allabout.co.jp/gm/gc/302961/

黒クマ対策

原因であるたるみやシワを解消するには、眼輪筋を鍛える必要があります。

コラーゲン等を摂取し、顔のスキンケアに励む事でむくみやたるみを防げば、黒クマの発生も防げます。


Photo by Goodshoot / Goodshoot

むくみやたるみを改善するには日々のスキンケアがとても重要。目元専用のアイクリームを使用するなど、他の部分よりも丁寧なケアをしましょう。

茶クマ対策

目の下の皮膚は薄いためこすったりするとメラニンを作る細胞が活性化して、茶クマをつくってしまう原因にもなります

茶クマを消す方法まずは紫外線対策をしっかりとしましょう。そして、ビタミンCを積極的に摂取すると良いです。

できれば食品から摂取したいですが、足りないようであればサプリメントでビタミンCを摂取するなど工夫してみてください。
また、目の周りはこすらないように、メイクを落とす時もゴシゴシ洗うのはNGです。

出没しやすい時間帯

睡眠不足や疲れがたまると血管が収縮し血行不良に。朝は体温が低く血流が滞りやすいため、クマが目立ちます。


Photo by David De Lossy / Photodisc

朝と夜に現れるクマ。この時間帯は注意して自分の顔を観察しましょう。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE