女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

30代女性のためのワードローブの揃え方【シンプルな暮らし/整理整頓/断捨離】

   


服はたくさんあるのに、着ない服もいっぱい・・・

服買ったのに着る機会ないわ(´っωc`)

着る服ない!でもお金使いたくない!
どうしよう!

ストレス対策で夏の洋服をガツンと買ったけど、まあ見事にグラデーションでも作るの?っていう似たような色とモチーフとデザインばかりやねん。人様のワードローブについて物申せません…。なんか安心する鉄板てあるよね…

最近服何着たらいいのかわかんないし、ファションセンスないしでもういらいらいらいら。女子力ほしい。けど、その努力をしてない。ざっしも何ヶ月みてないの。もう、おしゃれってなんなの(´;ω;`)って考えてたら弱くても勝てます終わってた(´;ω;`)

教えて!少ない服で効果的にコーディネートする方法。

柴谷 聡恵(しばたに さとえ)さんって?

Rinka Style代表

カラーライフコンサルタント/イメージコンサルタント

自分自身の経験から「自分らしさ」や「生き方」を模索している
20代後半から40代の女性に向けて、ファッション、キャリア、ライフスタイルを
自分らしいスタイルで実現する応援プロジェクト「自分スタイルラボ」をスタート。
自分スタイルを楽しく【 知る・触れる・深める 】シェアできる場を提供している。

女靴、男靴、ぺたんこ靴、季節靴の4足を持つ

出典ameblo.jp

●女靴
丸みのあるフォルムだったり、先が尖ったヒール細め、など。

●男靴
男性が履きそうなカッチリしたローファー、レースアップシューズ、など。

●ぺたんこ靴
スニーカー、モカシンなど、歩きやすい靴、など

●季節靴
サンダル、ブーツ、など

自分のベースカラーを見つける

ベースカラーは、ベーシックカラー(ホワイト、ブラック、グレイ、ネイビー、ブラウン、ベージュの合わせがしやすい定番色)から見つけます。

ポイントは、
【他人目線:客観的】似合っている色
【自分目線:主観的】自分のライフスタイルや気持ちにフィットしている色

自分に似合う色は、パーソナルカラー診断を受けてみましょう。

美尻・美脚になる定番ボトムスを揃える

出典ameblo.jp

自分の体型や骨格にあった、似合う定番のシルエットから。

「流行り」よりも「定番」を押さえておく。

自分の体系や骨格に似合うものって分からない!そんな時は、骨格診断(ライン分析)

キレイめ、デニム、楽チン、ホワイトの4本を持つ

出典ameblo.jp

●キレイめ
ネイビーのピンストライプパンツ、センタープレス入り、ストンと落ちる素材で、9分丈なので足首が少し見える丈感。など。

●デニム
自分の骨格にあったラインのもの。

●楽チンパンツ
カーゴパンツ、スウェットパンツとか、チノパン、など。

●白パン
敬遠しがちだけれど、濃い色を着ることが多いから、抜け感を出すのに1本持っておくと便利。
汚れるのが嫌なら、毎年買い替えるのも1つの方法。

【ワンピース】シンプルなもの と 華やかさをだしてくれるもの
【スカート】 シンプルな黒タイトスカート と プライベートに着るロングマキシスカート

この4着でキチンとしたシーン(キレイめ)と、カジュアルなシーン(楽チン)に対応

着るだけで絵になるワンピースを持っておく

「シンプルなもの」と「華やかさをだしてくれるもの」

出典ameblo.jp

●シワになりにくい(シワが気にならない)素材

●自分に似合う色・シルエット・柄などから、こんな2つ

コーディネートを考えなくてOK!時短になる!
さらに、女度もアップ!だけど、印象に残りやすい。「それしか着ない人?」にならないように注意です。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE