女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

【おーぷん2ちゃんまとめ】罰ゲームで付き合った男の子の話がしたい2

   


元スレ

前回の話はこちらから

その1

夏休みが終わって学校に行くと、
千尋くんが少しイメチェンをしていました。顎のあたりまで伸びていた髪を、耳が隠れる程度まで切っていて、眼鏡がコンタクトレンズに変わっていました。
そして、千尋くんの周りに女の子が増えました。

増えた、といってももういよいよ受験ってところでそんな色恋沙汰に花を咲かせているような余裕もなくて、別に大したことはなかったのですが、好きな男の子の周りに女の子がいるっていうのはやっぱり嫌なもので、私はすごくモヤモヤしました。

その2


>>1に聞きたい
なぜ千尋君は君が「きっかけは罰ゲームだったけど本当に好きだ」と言っているのに
とりあってくれないんだと思う?


「誰かに好意を向けられるのが怖いんだよね」って言ってました。完全に私のせいです。


それってどういう意味?
また何かの罰ゲームかもしれないって恐れてしまうっていう意味?


分からないけど、彼にとって恋愛をすることが一つのトラウマになってしまったんだと思います。
私が初彼女だったみたいですし、余計に。

その3


本当は許せてないんだろな…

ていうか 似たような話小説か何かでみた気がする
思い出せないけど


許しの言葉はもらってませんし、
それに思い返してみたら謝らせてもくれなかったような…

実話ですよw

その4

そして秋になります。私の成績もだいぶ乗ってきてて、多少の余裕も出てきました。やっぱり夏の頑張りが大きかったみたいで。
ただ数学がどうしても苦手で千尋くんに結構教えてもらってました。
この時期からはもうほとんど勉強しかしてなかったから特に書くこともないのでだいぶ割愛してもいいですか?

その5

だいぶ飛んで1月。
私はこのときまでC判定でギリギリでした。一方千尋くんは夏からずっとA判定。もう余裕だろ〜って感じでした。
今度は私が誘って一緒に初詣に行きました。表の理由は合格祈願、だけどまぁ、8割くらいは恋愛成就ですよね。こっそり恋愛成就のお守りを買いました。
そしていよいよ受験です。

受験当日はめちゃくちゃ緊張しました。ガクガクで。でも千尋くんがメールで勇気づけてくれて、
なんとか乗り越えました。
得意科目の英語で少し失敗したと感じたので落ちた落ちたって思ったけど、今年に入ってからの自分の頑張りを信じることにしました。
そして合格発表です。

その6

ひとりじゃ怖かったので、合格発表を一緒に見に行きました。まず私の番号を探しました。
結果は合格でした。落ちたと思ってたけど、私は合格していました。すごく嬉しかったです。
次は千尋くんの番号を探しました。千尋くんはずっとA判定だったし、落ちるはずないと思ってたからこれから四年間一緒だって、そんな気持ちで探していました。

でも、千尋くんの番号はありませんでした。彼は落ちました。信じられませんでした。

その7

「おめでとう!」って千尋くんは笑顔で言ってくれたけど全然嬉しくなかったし、むしろその笑顔が辛かったです。
私は自分の努力が実って嬉しかったけど、自分がしたことの罪悪感もあって、受かるべきなのは絶対私じゃなくて千尋くんだったから
すごく悲しかったです。
彼は私大に行きました。
離れ離れになってしまいました。

その8


神木きゅんで再生してる


割と近いかもしれないですww

その9

大学が離れ離れになっても、交流は続きました。でも、ただの友達だしそんなすごく強固な繋がりってわけでもなくて、
それに「誰かに好意を向けられるのが怖い」と伝えられてた私は告白する勇気もなくて、
告白してこれ以上疎遠になるなら、いっそ今のままでいいか、とか思ってて。そんな矢先に、千尋くんがツイッターである女の子とすごく親しくしていました。

とても親しげで講義の話とかサークルの話とか小説の話とか色々してて私はすごくモヤモヤしました。
私が知ってる限りで、千尋くんが趣味の話をしている女は私しかいなかったから、率直にすごく嫌な予感がしました。
しかもその女の子は、千尋くんと同じ大学の子で、おまけにすごく可愛かったから、本当に嫌な予感がしました。

その10


ツィッター覗いてたのかよ


一応相互フォロワーですっ

その11

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE