女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

【美容】知らないと損をする”日焼け止め”の正しい選び方・塗り方

   


紫外線にも種類がある

紫外線B(UV-B)は5月から9月に多く降り注ぎます。
それに比べて、紫外線A(UV-A)は5月頃には1番紫外線の強い時期に入っているので日焼けをしてしまったり、シワやシミの原因となったりするので、早めの紫外線対策が必要です。

UVA(紫外線A波)とは…

【主な特徴】
・地上に届く紫外線の95%
・通年で照射
・ガラスや雲で遮断不可能
・真皮まで届き、シミが目立つ原因をつくり、シワ、たるみの原因にも。
・紫外線に当たってすぐに肌が黒くなる日焼けを引き起こす。

UVB(紫外線B波)とは…

・地上に届く紫外線の5%
・夏の照射が多い
・ガラスや雲で遮断可能
・日焼けを起こす
・おもに肌の表面で吸収されるため、肌の奥の真皮層まで達することはほとんどない
・細胞を損傷して火傷のように赤くなったり、メラニン色素が沈着して褐色になったり、シミやソバカスの原因にもなる

夏ごろピークとなるUV-Bに比べて、3月ごろから紫外線量が上昇するUV-Aの方が、肌の奥に届く事がわかります。

日焼け止めに書いてある”SPF”と”PA”の意味

パッケージに表記されていますよね♪

SPFについて

Sun Protection Factor サン プロテクション ファクター

SPFはUVB防止効果の程度を「数値」で表したもので、UVBによって肌が赤くなる性質を利用した測定方法で求めることができます。

UVBを防止する効果の目安を示す

SPFは2から50までの数値で表されますが、表示する数値には上限があり、「50+」が最高

肌が赤くなる日焼けが起きるまで普通平均で約20分の時間がかかると言われています。
肌が赤くなる日焼けが起きるまでの20分という時間を何倍ぐらい延ばすことができるのか、それが日焼け止めのSPFの数字

例えば日焼け止めがSPF10なら、10倍の200分、つまり3時間20分OKというわけですが、でも、SPF10の日焼け止め化粧品で、200分はシミができないワケではありません。
なぜなら、汗をかいてハンカチで顔を押さえる事で日焼け止めが少しづつ落ちていきますよね?そういった事を考慮して少し高めのSPF値のものを選ぶとよいとされています。

PAについて

Protection Grade of UVA  プロテクション グレイド オブ UVA

PAはUVA防止効果の程度を「記号」で表したもので、UVAによって肌が黒くなる性質を利用した測定方法で求めることができます。

紫外線A波をどのくらいカットできるかですが、
やや効果がある(PA+)、効果がある(PA++)、非常に効果がある(PA+++)となっている

「PA+」は生活紫外線対策、「PA++」は屋外活動対策、「PA+++」は長時間の屋外活動に対応したもの

基本的に、2〜4時間でどれくらい肌が黒くなるかを測定したものと考えられている

◆散歩・買い物・子供の送り迎え
 SPF10~20
 PA+~++
◆屋外での軽いスポーツやレジャー等
 SPF20~40
 PA++~+++
◆屋外での激しいスポーツやリゾート、マリンスポーツ
 SPF40~50
 PA+++

数値が高いものが必ずしも良いとは限らない

効果の強い日焼け止め化粧品は肌に負担をかけるので注意!

日焼け止めに含まれているUVカット成分「紫外線散乱剤」「紫外線吸収剤」は、合成化合物や鉱物由来の成分です。紫外線からお肌を守ってくれる大切な成分ですが、人によってはこれが刺激になってトラブルを起こしてしまうことも

日焼け止めの上手な塗り方


Photo by Stockbyte / Stockbyte

肌にムラなくのばす

リキッドタイプの場合、少量ずつ手のひらにとってから、肌にムラなくのばして使用することが大切。塗りムラがあると日やけ止め効果が落ちてしまいます。

擦り込まない

日焼け止めを肌に擦り込むことは肌への悪い刺激を増幅させますので、日焼け止めは丁寧に優しく引き伸ばし、肌を覆うように使用します。

2、3時間おきに塗り直して使うと効果的

つけなおす頻度を上げた方が日焼け止め効果は高いし肌に優しいです

日焼け止めの使用後のケア


Photo by Comstock Images / Comstock

日焼け止めは薬剤なのでしっかりオフしましょう
洗い落しがあると、肌トラブルの元です

瞼のあたりなど、一番皮膚が薄くなっているところで、落ちにくいクレンジングで力一杯こすると、色素沈着おこしてしまい、黒ずんだりするので、専用のクレンジングで丁寧に落とし、洗顔します

『力を入れてこする』ことはNG

力を入れてこすることには、肌を荒らしてしまいますし、色素の沈着などを起こし、黒ずみなどの原因としてしまう恐れもあります。

お顔など、シミしわの気になるところは、その日のうちにクールダウンをし、十分な水分補給、保湿する

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE