女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

適当だと効果半減!スキンケアとメイクの正しい順番

   


▽メイクに時間がかかる。失敗が多いのは順番が原因かも?


Photo by Image Source / Photodisc

せっかく毎日面倒なスキンケアやメイクをするなら、一番効果のある方法で行いたいですよね。

正しい順番を守る事は効果が上がるだけでなく、手間が省け時間短縮にもなります。出来るだけ時間もかけずに行いたいですよね。

今日もまたいろいろ考えずに化粧して失敗した感じが・・・

化粧に時間がかかるJKおはようございます

メイク上手くいかないしイライラするしもう泣きそう

▽スキンケアやメイクの順番に”正解”ってあるの?


Photo by Image Source / Digital Vision

多少、手順が前後する事はあっても”基本”は決まっているんです。

特にきちんとしたスキンケアをする事で、ファンデーションののりがよくなったり、色が映えたりします。

今の自分のメイクがしっくりこないのであれば、少し見直してみるのも手です。
何事も基本が大事ですよね。慣れて来たら、自分の肌質や癖に合わせて変えてみるのも良いかも知れません。

どんなに優れたエイジングケアコスメを使っていても順番を間違えると、効果は半分以下になってしまうのです。

メイクの順番は仕上がりに影響するものです。また、失敗しやすい順番や成功しやすい順番というものもあるのです。

▽まずは、スキンケアの”一番効果のある”順番

スキンケアの王道の順番は、ずばり「水分の多いもの」から使用する事です。洗顔後は、化粧水から段々と油分の多いものを使用していきます。
 これは、肌に染み込ませた化粧水の成分を逃がさないようにする為です。
一番最後の、乳液やクリームでお肌に”蓋”をする事が大切です。

①洗顔

皮脂の汚れや角質を落とします。

1.ぬるま湯で顔を洗います。
この時、ゴシゴシ力を入れてはダメ。優しく指の腹でなでるように洗います。

2.洗顔料を泡立てます。
泡立てネットがあると便利です。今は100均でも購入出来ます。

3.泡を顔に乗せ洗顔します。
この時も、力を入れすぎないように注意。範囲の広いおでこから乗せていきます。

4.ぬるま湯で洗い流す。
ぬるま湯の方が、冷水や熱目のお湯よりも肌に負担をかけません。

洗顔はスキンケアのファーストステップ

洗顔はターンオーバー(新陳代謝)に関わる大事なケアです。

②化粧水

肌に潤いを与え整えます。

※洗顔後はお肌が乾燥しやすくなっています。化粧水は洗顔後、すぐに行いましょう。

1.適量(使用する化粧水をチェック)を手の平に取ります。

2.顔全体に馴染ませるように、手を広げ軽くパッティングします。

3.最後に両手で顔を挟み更に化粧水を浸透させます。

化粧水が馴染んだかどうかは、最後に顔を挟んだ時に、ピタッと吸い付くような感触があればOKです。

③美容液

化粧水にプラスしたスペシャルケアに。美白や保湿など効果は種類によって様々です。


Photo by Jupiterimages / Pixland

1.適量(使用する美容液をチェック)を手の平に取ります。

2.手の温度で少し温めてから使用します。

3.顔全体に均一になるように乗せていきます。

4.肌に馴染ませるように塗ります。

5.最後に両手で顔を挟み((ハンドブレス))更に美容液を浸透させます。

「洗顔→化粧水→乳液(クリーム)→美容液」という順番で行なっている人が多くいるようです。が、これは大きな間違い! 

基礎化粧品の鉄則は、「水分の多いもの→油分の多いもの」。というわけで、基礎化粧品は、「洗顔→化粧水→美容液→乳液(クリーム)」という順番で使うのが正しいということになります。

④乳液

化粧水や美容液の効果に蓋をする効果があります。保湿効果も抜群です。

1.適量(使用する乳液をチェック)を手の平に取ります。

2.手の温度で少し温めてから使用します。

3.顔全体に均一になるように乗せていきます。

4.顔の中心から外側へ向けて、肌に馴染ませるように塗ります。

5.乾燥しやすい目、口元は指先に少量とり、重ね塗りをしましょう。

鼻のテカリが気になる場合は、一番最後に塗ると良いです。

スキンケアの鉄則は、「水分を与えて油分で蓋をする」です。

肌に、油分を中心に、水分と保湿剤をバランスよく補って、肌にしっとりしたうるおいを与えます。

⑤クリーム

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE