女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

出不精さん必見!空腹を忘れるための10の方法

   


1. ちょっと運動する


Photo by Paul Bradbury / OJO Images

運動は、交感神経を刺激してアドレナリンを分泌することができます。空腹感を感じたら、運動を行なえば良いのです。

比較的どこでもできる、ウォーキングや踏み台昇降、足踏み(その場で駆け足)などを行うことで空腹感を忘れることができます。行う時間は運動の強度にもよりますが、1分程度行うことで、効果を得ることができるでしょう。

前に走りだす必要はなくて、その場でダダダ!とダッシュをしちゃおう!
それだけで一気に血糖値が上がって空腹感を忘れることができる

その場での高速足踏みでOK!

2. 趣味に没頭する


Photo by Jupiterimages / Stockbyte

時間を忘れるほど、趣味に没頭、集中していれば、アドレナリン効果も加わって、空腹感も忘れられそうです。

大好きな映画を観る、音楽を聴く、絵を描く…など本当に好きな趣味に没頭しているときは空腹を忘れてしまうのはご存知のとおり。

読書やテレビゲームなど何かに没頭して空腹を忘れる

あなたが大好きなものであれば、何でも良いんです。

寝るのも食べるのも忘れるくらい、ひたすら打ちこむ

文字通り「寝食を忘れ」て趣味に没頭してみては。

3. 外に出かける


Photo by Michael Blann / Digital Vision

ショッピングも良いですが、美術館や図書館など、直接食べ物とは関係のない、ココロが豊かになれる環境に出かけてみるのはオススメ。

新しい発見があったりすると嬉しい。

空腹感を紛らわすコツは、食べ物のことを考えるのを忘れさせられるような時間や、精神を落ち着かせるためのリラックスした時間を過ごすようにしてる方が多い

4. 夜中にパソコンやスマートフォンを見ない


Photo by Andrea Chu / Photodisc

夜間にパソコンやスマートフォンが放つブルーライトは、空腹感を増加させる

シカゴのノースウェスタン大学の研究による。

同一内容の食事・睡眠をとった健康な成人を対象に調査したところ、寝る前3時間にそういった液晶画面をみていた人は、代謝に影響を与え、急激に空腹感を増大させた

ブルーライトに体を活性化させる効果があることが要因だそうです。

5. いっそのこと寝る


Photo by Tom Merton / OJO Images

空腹が我慢できる間は、寝てしまえば空腹を忘れられる

6. 水をたくさん飲む


Photo by Sam Edwards / OJO Images

胃が空っぽの状態で飲むと余計にお腹が空くと言われていますが、人間は身体の水分が足りなくなると空腹感を感じる仕組みになっています。

アドレナリンの分泌以外にも、空腹感を感じる理由として「水分不足」があるそうです。
食事の前に水を飲むことにより空腹感が和らぐのはこの原理です。

水は満腹感を得るのに貢献し、空腹感も癒してくれます。

炭酸水に含まれる炭酸ガスは、摂食中枢を刺激して活発にするので、食欲を抑えることができます。

特にダイエットという理由で食べられない人にとっては、炭酸水でお腹を満たしてあげる「炭酸水ダイエット」もおすすめ。

お水や酵素ドリンクを飲む際に、噛むようにして顎を動かしながら飲むと、多少空腹感が紛れます。

もぐもぐしながら水を飲むと良いらしい。

7. コーヒーを飲む

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE