女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

時間がなくてもOK!忙しくてもコレを意識すれば痩せ体質に♪

   


●姿勢を正す

出典slism.jp

姿勢を正すことはインナーマッスルを鍛えることにつながり、結果的に基礎代謝がアップするそうです。

ダイエットは気になっても時間がないという人は、「姿勢を正す」ことを日常的に意識してみましょう。

ダイエットという観点において「姿勢を正す」ことの2大メリットは、■基礎代謝がUPする■脂肪燃焼が促進するというものです。

背筋は大きな筋肉のため、鍛えることで基礎代謝をグンとアップしてくれます。

姿勢を直すだけで、筋肉を刺激することができ、引きしめ効果や基礎代謝UP効果が期待できます。

●朝日を浴びる

朝日がなぜBMI値に影響するのかの理由のひとつが、朝日を浴びることで体内時計がリセットされ、自然と適切な睡眠リズムが保たれる。規則正しい睡眠は代謝を高めてくれるため、それが体重の減少につながっていると考えられます。

午前中のできるだけ早い時間に、最低20~30分間光を浴びるだけでBMIに影響を及ぼすには十分だといいます。

私たちの体には体内時計というものが備わっています。朝に太陽の光を浴びると、その体内時計の周期のタイミングが整います。

●普段から体を温める

冷えは万病のもととも言われますよね。

体が冷えると体内の酵素の働きが鈍り、体脂肪が分解されにくくなって脂肪を燃やしにくい体になります。

さらに、冷えにより血流がさらに悪化すると、代謝に必要な栄養分などが、細胞に十分行き渡らなくなり、代謝の低下を招いてしまうことに。

日頃から体が冷えないように温めるようにすると基礎代謝が上がるので、ちょっとの運動で代謝が上がり痩せやすい体に変化します。

体温が下がると、効率的に脂肪を燃焼できなくなり、太りやすい体質になります。

体を温めるのにお風呂はマスト。特に37~40度以下のぬるめの温度に、みぞおちの下までつかる半身浴は全身の血行がよくなり自律神経を整える働きがあるので◎。

まずは朝起きてすぐに白湯(一度沸騰させたお湯をぬるく冷ましたもの)を飲むことから始めてみてください。

●早歩きを心がける

移動時間を早歩きにすれば、痩せやすくもなり時間も短縮できるので一石二鳥です!

この「歩く」という運動、毎日必ずしているので当たり前すぎる行動なんですがとても効率的な全身運動と言えます。

さらに早歩きをすると下半身の筋肉も増えていき、引き締め効果もありますので、下半身ダイエットにも良いでしょう。

●腹式呼吸を意識する

背筋を伸ばして全身の力を抜いてリラックスします。口は軽くすぼめます。

下腹部に意識を集中しながら、おなかがぺちゃんこになるまで、できるだけゆっくりと息を吐ききります。

次に鼻から一気に息を吸い込み、おなかをいっぱいにふくらませます。これをゆっくり繰り返します。

意識して腹式呼吸を行うことでインナーマッスルを鍛え、痩せやすい体を作るのが腹式呼吸ダイエットです。

腹式呼吸は、普段は胸でしている呼吸をお腹をつかってすることです。

大量の酸素を取り入れることで脂肪の燃焼を促進し、有酸素運動にもなるのです。

「ながら呼吸習慣」は、場所や時間を気にせず基礎代謝をアップさせることが可能ですので、是非試してくださいね。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE