女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

メイクのやり方がわからない人向け!完全版メイク講座

   


メイクに必要な道具は?やり方は?
初心者だったら誰でも悩みますよね。
その悩みを分かりやすく解説していきます。

Step1メイクの前にすること

◆眉を整える

ボーボー眉毛だと魅力も半減!少し整えるだけであか抜けます!

◆洗顔後化粧水、乳液などで肌を整える

Step2メイクのやり方

1ベースメイク

【必要な道具】
・化粧下地
クリームタイプとリキッドタイプがある。 UV効果のあるものがオススメ。
【あるとよいもの】
・コンシーラー
クマ、シミ、そばかすなどを目立たなくするもの。
・コントロールカラー
肌の赤みやくすみを抑えるもの。

肌に化粧下地を塗って肌のムラをなくしていきます。化粧下地があるかないかで、ファンデーションの乗りや発色が左右されます。

下地の後にコントロールカラーで肌の赤みを消したり、コンシーラーで気になる部分をカバーしたりします。

2ファンデーション

【必要な道具】
・ファンデーション
リキッドタイプやパウダータイプなど、種類はさまざま。ファンデーションがわりにBBクリームという手も。
【あるとよいもの】
・フェイスパウダー

リキッドファンデーションを伸ばしていく時には顔の中央から外側へという流れが基本で、軽いタッチで肌に叩きのせる感じで伸ばしていくのがコツです。

パウダーファンデーションはスポンジを肌の表面に滑らせるように、顔の筋肉にそってのばしていきます。必ず最後にスポンジで軽く肌全体をおさえることで、パウダータイプに独特の粉っぽさや塗りムラが目立たなくなり、自然な仕上がりになります。

リキッドタイプのファンデーションを使用している場合であれば、仕上げにフェイスパウダーを使うことで、化粧崩れを防止して化粧持ちがよくなります。

【フルメイク向け】
・ノーズシャドウ
目鼻立ちをはっきりさせる。鼻筋の横の1番へこんでいる所から鼻の真ん中あたりまでひく。
・シェーティングパウダー
小顔効果。大きいブラシでフェイスラインを囲う。アイブロウパウダーやアイシャドウでも代用可能。
・ハイライト
顔を立体的にみせる。Tゾーンと、眉下から目尻を通って目の下と、顎の中央にいれる。

3チーク

【必要な道具】
・チーク
軽く頬に乗せるだけで顔色を良くする。チークの色はオレンジ~ピンク系がおすすめ。

チークを入れる位置を分かりやすく言うと、ニコッと笑ったときに上がる頬骨の位置よりも気持ち下に、黒目の真ん中よりも外側。

耳の方から顔の中心に向かって斜めに軽くブラシを動かします。2~3回程度が自然な仕上がりになりますよ。

4アイメイク

【必要な道具】
・ビューラー
・マスカラ
・アイライン
・アイシャドウ

【ビューラー】メーカーによって幅や、カーブの深さに違いがあります。カーブの深さは特に重要で、目元の彫が深い人はきついカーブのものを、目元の彫が浅い人はゆるめのカーブのものを選びましょう。

ビューラーでまつげをあげます。根本、中間、毛先で3段階に分けるときれいに仕上がります!

【アイシャドウ】グラデーションは薄い色からのせるとくっきり!濃い色からのせるとふんわり見える

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE