女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

人の体は恋愛に左右されていた

   


恋と健康の関係

恋愛は免疫力が高まる理想的な健康法

免疫力に大きく影響する自律神経のバランスをとるのに、ドキドキとリラックスを繰り返す恋愛がピッタリなんだそうです。

片思いをしているだけでも、心臓病のリスクが回避できる

手紙など、パートナーに対して一方通行に愛情を表現するだけでも、血中コレステロール値を下げる効果があるそうです。

悪い恋愛をしていると、心臓病のリスクが高まる

特に、激しい言い合いなど攻撃的な人ほど動脈硬化が起きやすく、攻撃的なカップル同士が一緒に暮らすことで、さらに悪化するそうです。

感情や判断力にも影響

恐怖やネガティブな感情を感じにくくなる

脳の恐怖を司る部分が麻痺状態になるためだそうです。

気持ちがポジティブになる

やる気物質とも呼ばれる「フェニルエチルアミン(PEA)」の働きで、気持ちを上向きにする作用があります。

共感する力がUPして、相手の立場にたって考えられるようになる

共感する力に大きく関係する「ミラー細胞」が活性化するそうです。

人は恋に落ちる時には、冷静な判断ができなくなる

判断に不可欠な脳の前頭葉の機能が停止してしまうために起きるものです。周りからやめなさい!と言われる恋愛にのめりこんでしまう原因にもなっているようです。

女性は、体調でダメな恋愛を見抜くことも

肌が綺麗になる、バストアップなど魅力的な女性になる

「ときめき」は性ホルモンである「エストロゲン」の分泌を活性化されるので、体に嬉しい効果が表れます。

目力がアップして、頬も可愛らしいピンクになる

ドーパミンが交感神経を刺激して興奮状態になり、瞳孔が大きくなり、頬の血色もよくなるようです。

良い恋をしていないと、肌荒れや髪のパサつき、頭痛などが起こる

「心の状態が悪い」ということを、体が体調不良で教えてくれます。

合わない男性と無理に付き合うと、生理不順や生理が止まることも

子宮が「この男じゃない」と判断し、生理不順などでサインを発するんだそうです。この人でいいのかな?と不安な人は、体のこんなサインに注目してみましょう。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE