女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

海外で娼婦と間違えられちゃう日本人女性のNGファッション3選

   


ファッションは女性にとって醍醐味だけど。。


Photo by Thomas Northcut / DigitalVision

海外ではしないほうがいい服装もあるみたい。

日本では“普通”の行動でも、海外では思わぬトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

人は見た目が9割などとも言われますが、やはり外見は大事。

そこで、海外で売春婦と間違えられちゃうかもしれない日本人女性のNGファッションをご紹介

ミニスカート


Photo by Thinkstock / Stockbyte

娼婦までは行かなくても「誘っているのかな?」と思われて恐いお兄さんに後を付けられる…何てことも有り得ます。

日本人には以外に聞こえるかもしれませんが、アメリカではほとんどと言っていいほど女性はジーンズをはいています、スカートだったとしても膝丈くらいです。

アメリカで超短いスカートをはくことは実は”狙ってください”と言わんばかりに危険なこと

ただ、アメリカ人は上半身の露出がすごいです(´-∀-`;)文化の違いだな…

それから、日本では寒くても生足にミニスカート履きますが、
フランスやイタリアではやはり売春婦か、太ったオバチャンだそうです

日本と海外の常識には違いがよくある。女性のファッションで日本は胸元を出している人はあまり多くないが海外は多い。
日本は脚を露出するが、海外はあまりしない。
海外では脚を露出しすぎると娼婦と思われるらしい。

なるほどね!

海外の露出はちょっとスポーティーなものが多い気がします

外人女性によると、日本の女の子のファッションで驚くのはニーソだそうです。ニーソックスに短パンとかミニスカートとか日本だと別に珍しくないじゃないですか。あれはアメリカでは娼婦の格好だそうで、普通の女の子が身に着けるのはあり得ないそうです。ビバ、日本のkawaii文化。

ニーソックスもNGなんですね

ニーハイブーツ

日本では普通にファッションとして履いているかわいいニーハイブーツは、欧米にそのまま行ってしまうと娼婦に間違えられてしまいます。

ホットパンツ+ニーハイブーツとかいう海外の娼婦ファッション

アメリカでは、パーティーでもない限り女の子は化粧もしないしヒールも履かない。

人気の無い郊外に差し掛かると、突然暗い道端に若い女の子が一人でぽつんと立っているのを見つけます。日本でこういうのに出くわした場合、まあ100%幽霊なんですが、

イタリアでは生身の人間の娼婦なんです。スカート丈と高いヒールで一見してそれと解るようになっています

短い丈のスカートにヒールで煙草を吸っていますね。海外でのNGなファッションを知るにはこの画像は参考になりますね(-ω-;)ウーン

以前、口の悪いイギリス人(男性)の友人が、若い日本人女性を指して“They all look like a whore!”と言っていたのを思い出す(あまりにひどい内容なので、意味はあえて書きません)。

足を露出させるファッションは確かに多いかもしれませんね。女子高生のスカートも短いし。。

日本ではミニスカートやハイヒールというファッションで街を歩く女性が多いですが

国によっては、これは売春婦の定番ファッションで、一般の女性はめったにすることのない服装なのだそうです。

だから、あなたの常識も、場所や環境が変われば
非常識かもしれない。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE