女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

糖質制限ダイエットで食べるのを控えた方が良い食品はどれ?

   


◆主食となる食品は糖質が高い!

お米は糖質が多いです。玄米もです。うるち米が原料のビーフンも1人前70gで55.3gあるので注意。

パンの原料に使われている小麦粉、ライ麦粉などは糖質が多いです。

スパゲティ 26.9g 200gでは53.8g
中華めん 27.9g 200gでは55.8g
うどん 20.8g 1杯 200gでは41.6g
そば 24.0g 1杯 180gでは43.2g

とうもろこし、小麦、米などが主原料のシリアル食品は糖質が多いです。

◆小麦粉を使った食品

糖質の多い小麦粉のかたまりです。
カレーライスは糖質の多いジャガイモ、ニンジン、玉ねぎに、これまた糖質が高いご飯が加わり、糖質制限をする人にとってはご法度の食べ物です。

市販のカレーのルウの多くは小麦粉が使われています。100g中に30gの小麦粉を含むとすると、糖質は20gほどです。

◆砂糖は糖質のかたまり

砂糖を使う煮物や煮付け、すき焼きなども避けるようにします。牛肉を食べるなら、すき焼きよりもしゃぶしゃぶやステーキにしましょう。

ビタミン、ミネラルが豊富で健康に良いといわれるハチミツですが、残念ながら糖質が多いです。

◆野菜でもイモ類は糖質が多い

ジャガイモなどを原料としたでんぷんを含む春雨や葛きり、ちくわやはんぺんといった練りものも避けましょう。

練り物には魚のすり身の他に砂糖とでんぷんが使われています。

◆野菜にも糖質が多いものが

トウモロコシから処理され、作られたでんぷんであるコーンスターチも糖質が多い。

パン粉、小麦粉で衣を付け油で揚げるカボチャコロッケはNGです。

玉ねぎは煮込むと1玉でも少しの量になるので思ったよりたくさん食べてしまいがち。食べすぎないように注意しましょう。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE