女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

【人前ではできない?】5つの改善効果がある舌筋トレーニング!

   


1.口臭予防!


Photo by George Doyle / Stockbyte

唾液の分泌を促すストレッチの方法

・背筋を伸ばし胸一杯に空気を吸い込み、1~2分ほど「レロレロレロ…」と言ってみてください。
(「レ」はくちびるをやや横に引き、「ロ」は口を少しすぼめて突き出すような感じで行います)
・声を出すのが恥ずかしい場合には、くちびるをその形にするだけでもかまいません。

舌の奥の筋肉を鍛える方法

・口をあけて、45度斜め上を向きます。
(このとき、背中は何ももたれないようにしてください)
・口の中で舌を上前歯の裏→下前歯の裏→右下奥歯→左下奥歯の順番に触れるようにします。

唾液の分泌が盛んになると、舌苔(ぜったい)もつきにくく常に口のなかが殺菌されるそうです。

2.滑舌が良くなる!


Photo by Jupiterimages / Polka Dot

舌筋を鍛えるトレーニング

このトレーニングをすると、舌筋が鍛えられて滑舌が各段に良くなりますよ。
(1週間に2回くらいが目安)

1、口を閉じます。トレーニングの最後まで口は閉じています
2、舌を下唇と下歯茎の間にさし込みます
3、舌の先に力を入れて、右端から左端にゆっくり移動します
4、左端までいったら、そのまま力をゆるめずに右端に戻ります
5、以上を3往復みっちり行います
6、3往復終わったら、今度はそのまま上唇と上歯茎の間に移動
7、同じように3往復行います

意外ですが、これ、結構きついです。
初めての人は身もだえしながらやるほどなんですから。

3.いびき改善!


Photo by Stockbyte / Stockbyte

舌を鍛えるトレーニングで、いびき改善!

舌の筋肉が衰えると、
寝ている間に舌が気道に落ち込みやすく、気道を塞ぐ為にいびきがひどくなってしまいます。

・まず椅子に浅く腰かけ、姿勢を良くした状態から始めます。
・まず顔全体のウォーミングアップの為、口を大きく開いて「アイウエオ」と発声しましょう。
・そのあと、舌を上あごにつけて「ララララララ・・・」と声を出して、50回やってみて下さい。

最初は、結構難しいと思いますが、それだけ舌の筋肉が衰えている証拠なんです。
慣れると簡単にできるようになりますので、毎日繰り返しトレーニングしてみて下さい。

4.二重あごなどの顔痩せ効果!


Photo by Digital Vision. / Photodisc

舌出しトレーニング

1.まず、口を大きく開いてください。
(この時にあごに負担がかからないようにゆっくりと開けましょう。)
2.そして、舌を前方に突き出します。
3.そしてゆっくりと元の状態に戻してください。
4.次に左に舌をできるだけ突き出します。
5.そしてそのまま右側に移動します。
6.そのあとに口の周りを一回転させましょう。

舌を出すときはゆっくりではなく勢いよく突き出すことがポイント。
これを一日に5回行うようにすると顔痩せに大きな効果が表れますよ!

5.ほうれい線に効果絶大!


Photo by Hemera Technologies / AbleStock.com

舌トレーニング方法

1.舌の先が自分で見えるぐらいまで舌を前にのばします。
2.そして両肩を下に引っ張る感じで下げて、5秒 キープ!
3.舌であごをなめるイメージで下にのばし、同じように両肩を下げて、5秒間キープ!
4.舌で鼻をなめるイメージで上にのばし、これまた両肩をしっかり下げて、5秒間キープ!
5.右の頬の真ん中まで舌を伸ばすイメージで右側にのばし、今度は左肩だけを下げて、5秒間キープ!
6.左も同じ要領で行う。今度は右肩だけを下げましょう。

肩の力を抜き、リラックスした状態で、時間にゆとりがある時に行いましょう。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE