女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

使ってる「化粧水」目的にあってる?意外と種類の多い化粧水の基礎知識

   


▼化粧水の役割


Photo by Thinkstock Images / Stockbyte

”化粧水”と言っても
実は、目的別に色々種類があるというのを
知っていましたか?
乾燥対策のつもりが、収れん用化粧水等を使っているとますます乾燥してしまったりしてしまうかも。
化粧水の種類を知って、目的別にうまく使い分けができると綺麗な肌を作る近道にもなるかも。

化粧水(けしょうすい)とは、皮膚を保湿し、整え、滑らかにする機能を持つ透明液状を呈した化粧品

化粧水の役割は、水分を補給するだけでなく、そのあとから使うアイテムの浸透を高める働きもあります

洗顔することで肌はアルカリ性に傾いてしまいますが、化粧水を塗ることで本来の弱酸性に戻るというのも、化粧水の大切な役割の一つ

洗顔によって、皮脂膜や角質層の中の保湿因子が流れ出てしまっているため、無防備で乾きやすくなっている

そのままで放置しておくと、肌の表面にある角質層から水分が蒸発しやすい状態になります。その結果、肌は乾燥しつづけ、毛穴が開きやすくなったりキメが乱れたりする原因になってしまう

▼化粧水の基本的な使い方

「手のひらに化粧水をとって顔をパシパシと叩くだけ」
といったやり方では、残念ながら化粧水の効果はほとんど発揮されません

手のひらにとったあと、両手のひらであたためてから使うと、浸透力がアップします

適量使用したときには、使用前に比べて、水分はなんと! 117%も増加しているんです! スキンケア効果を早く確実に発揮するためにも、使用量は正しく! を心がけましょう

1回の使用量は、500円硬貨大くらいの量です。商品によって異なりますが、化粧水の容器を6~8回振ったくらいの量です。
コットンで使う場合の目安は、コットンの裏側まで、十分ぬれるくらいの量です。
手で使う場合の目安は、片手のひらからこぼれない位の量を2回分です。

化粧水を使うときに、肌表面にいつまでも残る感覚がある、とか重たくなるのは苦手、という人は分けて使うといい

▼化粧水は”コットン”を使うのと、”手”でつけるのどっちがいい?

●コットンで化粧水を付けるメリット●
顔中にむらなく塗れることです。より丁寧に顔の細かなパーツまでむらなく塗りたい場合は、コットンが適しています。また多くのメーカーでも、むらなく濡れるため、コットンを使うことを推奨している

ただしデメリットとして、コットンを使うとコットンの質や肌質の状態によってニキビがなかなか治らない・肌が荒れる等の肌トラブルが起こりやすいようです

【コットンを使って化粧水をつける方法】
①コットンの裏側まで十分に濡れるくらい化粧水をつける
②コットンを利き手に持ち替えて、人さし指と薬指、もしくは人さし指と小指ではさんで持つ③顔の内側から外側に向かって、頬や額など広い部分から、鼻、あごと丁寧にふくようにつける
④化粧水が収れん化粧水であれば、上記の順でやさしくパッティングする
⑤そのまま首に移動し、首の下から上に向かってふくようになじませる
⑥足りない場合には、同じコットンに少量の化粧水をたして繰り返す

●素手で化粧水を付けるメリット●
あたたかい手で顔を包み込むように化粧水をなじませることで、浸透しやすくなったり肌のうるおい度を確かめながらケアできること。
素手で肌を触りながらケアすると、肌がごわついていたり、硬くなって化粧水の浸透が悪くなった状態などにも気がつきやすいので、早めに対策できるのもよい点

ただしデメリットとして、どうしても手でつけるとムラができてしまいパパッと終わらせてしまう傾向にあるようです

【手を使って化粧水をつける方法】
①1回あたりの適量を手の平全体に広げる
②手の平全部で顔を覆うようにして、頬、額、あご、鼻や目の周りなどまんべんなく肌になじませる
③化粧水がすうっと肌に馴染むのを感じたら、もう一度手の平に化粧水を追加する
④目もと、小鼻、眉間、鼻の下など細かい部分を重点的に、指の腹の部分も使って押さえてい
⑤顔全体を鏡でチェックし、表面に水気が残っている感じがないかを確認する
⑥最後に手の平や甲で触れてみて肌にピタッと吸い付くような感触になればOK

コットンでも素手でも、メリット&デメリットがあります。自分の肌の状態に合わせて、お手入れ方法を選んでみてください。

▼化粧水の種類と特徴


Photo by Jupiterimages / Pixland

●保湿化粧水…肌にうるおいを与え、乾燥を防ぐ効果があり。各メーカーごとにさまざまな保湿成分が配合されているので、自分の肌との相性の良いものを選ぶのがポイント

●美白化粧水…シミやそばかす、日焼けを防ぐ効果が期待できます

●収れん化粧水…主に脂性肌の人に適していると言われている化粧水で、アストリンゼンとも呼ばれています。皮脂の流出バランスや肌のキメを整えてくれる役割を果たし、使用後は肌がひんやり・キュッと引き締まった感覚になる、何とも爽快感ある化粧水

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE