女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

男が思う「女性を怒らせた時の対処法」がそれじゃない

   


とにかく食べ物を与えればいいと思ってるらしい

彼女の好きそうなお菓子など、ちょっとしたものをプレゼントしましょう

「自分が間違ってた」ということをいい、 最後にこうです。 「あ、おいしいお菓子買ってきたんだけど食べる?」

「あ、」じゃねぇ

女性はマカロンが大好き。特にピンクやベリーなどの色をしたマカロンが好き。彼女が怒っていたら、とりあえずマカロンを服用させましょう

ピンクでダメだったらブルーを渡すなど、色を変えて服用してもらってください

色の問題じゃねぇ

マカロンを買うくらいなら「仲直り感」のあるカップラーメンや焼き鳥を買ったほうが効果的

仲直り感ってなんやねん

「一緒に食べて仲直りをしよう」といった気持ちを感じさせるコンビニの牛乳プリンやシュークリームでもいい

それならマカロンの方がマシだわ

まずは食事に誘い出してください。すでに食後であれば、暖かい飲み物と甘いものを用意

ほとぼりが覚めたら、もう一度きちんと謝りましょう。そのとき『おわびにご飯おごるよ』と誘うことが出来れば上出来

上出来じゃねぇ

男性のみなさん、これが現実です

本当は迷惑な男性のご機嫌取り「スイーツを買ってくる」

マカロンが好きでないので、わたしなら、さらに怒りが沸いて手がつけられなくなりますね

ごめんねごめんね言ってきて、それでも冷めた態度取ってたら、必ずお菓子買って帰って来る。それで機嫌良くなると思ってる。あんたの事どんどん嫌になってるの忘れんなよ

だからと言って「ごめんなさい」と謝ればいいってわけじゃない

ただ謝られても女は満足しません。何で自分が怒っているかを理解しようとしない男には更にイライラ

「自分が傷ついたことをわかってほしい」と思っているので、ごめんや理由を言われても、ピザを注文したのにチヂミが運ばれてきたような気持ちになる

ピザを注文してるのにチヂミくるなんてありえないよね!

「ごめんなさい」で済むのは子どもの時期まで。相手の気持ちになって考えると「謝ったんだから」ではすまないことってありますよね

ありますね

自分が加害者にまわったような立場になり「こんなに謝られているのに怒っている自分は器が小さいのかも」という気持ちにさせられる

怒っているのに、許してほしいという「要求」をしたら逆効果。場合によっては、女性は自分の感情を無視され、エゴを押し付けられてる気分になるかも

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE