女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

オルチャンメイクがわからない人向け!完全版オルチャン講座

   


オルチャンメイクとは

オルチャンとは、韓国語で「最高にかわいい顔」という意味で、つまり憧れるような美少女を現わす言葉なのです。

オルチャンメイクの特徴
1.目尻の「"く"の字型」アイライン
2.ぷっくりした涙袋
3.太くて、フラット(平行気味な)眉
4.スッと通った鼻筋
5.ややマットな、透明感のある陶器肌

目次
*ベースメイクのやり方
*アイメイクのやり方
*アイブロウのやり方
*リップのやり方

*ベースメイクのやり方*

注意点は、決して厚塗りをしないこと。パウダーやファンデーションで毛穴を埋めた少しだけマットな肌を作ることで、透明感のあるオルチャン肌に近づくことができるでしょう。

1顔の外側に向かって下地を塗る

肌表面を整えるために下地を塗ります。白く透明感のあるお肌になりたいなら「パープル」、頬の赤みを消したいなら「グリーン」、ワントーン明るいお肌になりたいなら「ピンク」の下地をチョイスしましょう。

ここでBBクリームを塗る人はファンデーションは塗らずにコンシーラーへ進んでください

2ファンデーションを塗る

顔の外側に向かって、放射線状にのばしていく。量は顔全部で500円大くらい。最初は手で、その後はスポンジを用いてのばしていきましましょう

3コンシーラーでシミやクマを隠す

コンシーラーを使って目の下のクマやニキビあと、毛穴を隠しましょう。トントンと軽く叩くようにして肌になじませてください。

4顔全体にフェイスパウダーを塗る

丁寧に作ったベースの崩れを防ぐために、フェースパウダーを顔全体につけます。量は少なめを意識!粉はマットなものではなく、自然なツヤがでるルーセントパウダーを選びましょう。

5ノーズシャドウとハイライトを入れる

ノーズシャドウの代わりにアイブロウや濃い色のファンデーションでも代用可能

ハイライトをピンクの部分に薄くのせます

ハイライトは白すぎる色を選ぶと、上手に入れることが出来ても白浮きしてしまいます。比較的に肌馴染みの良いピンクやベージュ系を選びましょう。

6チークを入れる

ピンクのチークを指にとります。ニコっと口角を上げて笑った時に、一番高くなる部分を中心に、円を描くようにクルクルと塗りましょう。色が薄くつく程度でSTOP。

*アイメイクのやり方*

1アイシャドウを塗る

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE