女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

【恋愛】初キスの時のことを臨場感たっぷりに語る【萌えたコピペ】

   


最終更新日

平成28年2月11日

彼の部屋

彼の部屋で話が途切れたとき、妙な空気になった。私はなんとか
この妙な空気を打破しようと、あえて空気を読まずに、明るく努めた。

そうしていないと駄目な気がした。

嗜めるように名前を呼ばれて、思わず口を止めた。
ゴツゴツとした冷たい指先が頬に当たって、思わず肩をすくめてしまう。
しばらくその状態で時間が経った。
お互いの浅く短い呼吸音と時計の秒針だけが聞こえていた。

触れられている頬に意識が集中する。
彼の顔は見なかったけれど、ほんの微かに震える指先と、
呼吸から痛いほど緊張を感じていた。
「意を決した男性」というのは、どこか抗えない色気を孕んでいる。

こくっと唾を飲みこみ喉が鳴る音がした。
喉の奥がぎゅっと絞られるような感じがして、わたしは一層身を固くした。

顎先にするすると、やさしく、指がおりてきて、くっと上を向けさせられる。
一瞬、熱帯びた目と視線が絡んだ。それだけで逃げ出したくなった。
少し泣きそうにもなったし、少し怖くもあった。
こつんと額がぶつかる。息のかかる距離で、鼻と鼻を軽くくっつける。
ゆっくりと、唇で唇を挟まれた。
よくわからないうちに、腕が腰に巻きついて体を思い切り引き寄せられる。
彼の柔軟剤の匂いに包まれる。
押され、座布団の上に転がる私に彼が覆いかぶさり、小一時間そうしていた。

女慣れ

19の時、相手は28で女慣れしてる人だった

飲みに行って結構な量を飲んだあと店を出て、時間も12時近くて周りはカップルや通行人でちょっとした人通りがあった
相手は全然酔ってないような雰囲気で私はお酒の作用もあって相手の腕を掴んで
眠いのと酔いとで相手の肩に頬をつけて見上げながら話してた
街灯に照らされながら見上げた相手の顔がすごく素敵に映って目も虚ろだったと思う

何も言わず優しく微笑む相手を見て「何で笑ってるんだ?」と思った時
相手の顔が近付いて来て私は自然と目を閉じて初めてのキスを受け入れた
唇が軽く触れ合うだけの優しいキス
直ぐに唇が離れて私は目を開けた
一瞬見つめ合ったあと、また顔を近付けて来たので目を閉じる
唇が触れ合って相手が軽く口を開けたのを感じて私も自然と真似をする
するりと相手の舌が入って来て私はされるがままの状態
鼓動が大きくなるのを感じた
これがディープキスなんだ…と感慨深く初めての体験をした

報告

弟分みたいな後輩と二人で、部屋でごはんを食べながら告白された。
その後は晩酌しながらテレビを見てた。彼がテレビを凝視しながら、
「私さん。ちゅってしていいですか、我慢した方がいいですか」と聞いた。
「なんで聞くの」と笑って返すと、
「聞いちゃだめっすね。ちゅってします。今」と報告してから私にキスした。
顔真っ赤にしてた。大型犬みたいな可愛さに完全にオトされたのでこっちからもキスしまくっといた

花火大会

初キスは花火大会が終わって、しばらく二人きりで人気の無いところで話をしていた時、
彼が「久しぶりに恋人らしい事するか」
と言って、じゃあキスしようと言われた時だった
30秒くらい経ってから(私の心の準備)、唇にちゅ…ってしてから
彼「初キスどうだった?」
私「柔らかかった…」
彼がふふっwて笑ったと思ったら、またキスされた
気が付くとディープキスになってた(ふざけて舌を入れたらしい)けれど、私はショックだとか気持ち悪いという感情は持たなかったし、寧ろ気持ち良くて、もしこれが彼の家だったそのまま一歩踏み出してたところだった
私も彼も理性が半分以上飛び去ってて私なんて腰砕けになっちゃって 、彼は彼でフラフラするって言っててw
帰る最中に「駄目駄目…」と言っていた彼が可愛く思えちゃったなぁ

カラオケ

当時付き合ってた彼と私と女友達1人の計3人でカラオケに行ったんだ
隣にいながらもLINEでスタンプの送り合いとかしてて、暇なんだなwって思ってたんだけど、急に無言で部屋から出て行った。
どうしたんだろって思ったら「今からトイレのとこまで来て。話したいことあるから」ってLINEがきた。
もちろん急にシリアスになったから変に緊張したんだけど行った。
そしたら彼がこっちこっちって手招いてくれたんだ。
私「どしたん?」
彼「いや、気が変わったりしてないのかなって思ってね」
私「そんなわけないよ!ずっと好きだよ?」
そういった時彼が「こっち向いて」って私のほっぺたをむにってしながらにこにこしてて、
なんだろと思ったら突然キス。
キスなんて初めてだったから勢いで息止めちゃって苦しかったけど、
すごく恥ずかしくって…その後お互い照れた。
部屋に戻ると女友達がにやにやしながら待っててめちゃくちゃ聞き出されました(;`・ω・´)

あごクイ

4月に転勤してきた彼のことを1年間いいなと思ってた。
そしたら3月に私が転勤することになった。
送別会のあと私を車で家まで送ってくれて、
これで会うの最後かと思ったら悲しくて、家に着いたとき勢いで告白してしまった。
彼はびっくり+困った顔で「どうしよう。俺もです」って言ってくれた。
ハグしてたら彼がキスしようか迷ってるのがわかった。
でも恥ずかしすぎたので「私がチューを粘って待ってる奴みたいで恥ずかしいので帰ってくださいw」って言ったら
急に真剣な顔で「嫌です」と言われ、あごクイされてチュッてしてくれた。
びっくりしてたらディープに突入して、とろけた。

凝視

初デートで晩ごはんを食べた後、
彼に夜景の見えるところに連れて行かれた。

そこでやたら凝視されているのを感じつつ、素知らぬフリをしていたら、
無言でジリジリと壁側に追い詰められ、キス未体験だった当時の私はキスの予感に
「ど、どうしたんですか、何かありましたか?」
とワタワタとうろたえているうちに
「次いつ会えるかわからなくて寂しいから、ね?」
と囁かれて唇にチュってキスされた。

その彼と来週結婚します。

抑えきれない感じ

3回目のデート、買い物終わってこれから帰ろうとするとき、人気のない駐車場の薄暗い車内で。
車乗ったけどシートベルトつけない彼の顔を、どうかしたの?とみたら、された。
買い物中手を繋いでたときから我慢できなかったらしい。
抑えきれない感じがかわいくて、愛しくて仕方なかったなあ。

屋上に続く階段

当時高3。
放課後、屋上に続く階段でお喋りしていた時に突然あらわれる沈黙。
彼が「キスしよっか」と言って笑った。
私はそんなことしたこともなくて(というかお付き合い自体はじめて)
「マジかよ!!恥ずかしい!!」と叫んでしまったww
ムードぶちこわしwww

この前にもいろいろあり、ドキドキしっぱなしだった私は
「今日はもう心臓もたないよ…」と言うと、
「ごめんなさい」と彼はわらって、
そのままちゅーされた。
私は何が起きたかわからず、
唇が離れた後抱きしめられてから一気に恥ずかしさが込み上げて、
彼が「恥ずかしかった?」と聞くのに
うんうんと首をふるので精一杯だった

プチ遠距離

彼氏とまだ付き合うことになって3日目くらい
2人きりでちゃんと会うのは初めて

平日でお互い仕事があった日
彼から「やばい、いま会いたい!」というメールが。
私たちはプチ遠距離カップルで、県を越える必要があるため行き来に往復2時間はかかる。
だからそう簡単には来れないだろうと思い、冗談半分で「こっち来たら会えるよー♪」と返した。

そしたら本当に来てくれた!それだけでも嬉しかったが同じタイミングでドキドキするねと言ったり、夕食のメニューかぶったりして以心伝心してるみたいで嬉しかったのを覚えてる。

地元に来てくれたので、私の提案でデートスポットで有名なムードのある公園に連れて行った。
ベンチに座って、手を繋いで話すだけで幸せを感じたな。

あんまりいい雰囲気になったのでそろそろ…と言うところなんだが ごめん!恥ずかしくって無理!
ドラマだったらチューしてるけど恥ずかしすぎて彼の顔も見れなかったw
あんまりギャーギャー言うのでもう帰ろうと言うことになって、駐車場まで行った。キスを回避できてちょっと安心していたし、油断していた。
で車に乗り込んだところで、相手が抱きついて来てコッチ向け!って言われてキスされた。わーわーわー!良いムードだろうと車の中だろうと恥ずかしいものは恥ずかしいんだなと思いつつ、ちょっと間抜けだけれど逆にロマンティックで良い思い出ですw

付き合う直前

今の彼氏と付き合う直前。
週に2、3回会うような仲で、その日は2人で飲んで、彼が私の部屋に泊まっていった。
自分用のベッド以外に布団とかなくて、床で寝させるのは忍びないと思って一緒のベッドで寝ることにした。
最初はお互い背中向けて寝てたけど、いつの間にか向かい合うかたちになってた。
私は部屋真っ暗にしないと寝られないタイプで、その日もお互いの顔がどこにあるのかわかんないくらい真っ暗。
突然彼が頬を触ってきて、どうしたの?ってドキドキしながら聞いたら、
「キスしようと思ったけど暗くて見えない…」
今考えるとおもしろすぎるんだけど、その時は密着してるのもあってかすごくドキドキしてた。
何回も触れるだけのキスをしました。
精一杯遠慮して、優しくしてくれてたんだな~って、思い出して愛しくなります。

不意打ち

仕事終わりに一緒に食事して、このあとどうしようかって話しながら歩いてるときに急に腰を引き寄せられた
そのあと何が起きてるのかわからなくて、数秒経ってからキスされてるって気づいた。
しかもディープ
不意打ちすぎてドキドキする暇もなかったけど、思い出すとドキドキする

今は

付き合って5ヶ月目に
初めて彼の家に遊びに行ったときのこと。
ちなみに2人きりで遊ぶのもこれが初めてだったww
最初はお互い受験生ということもあって勉強してたんだけど、初めての彼氏という存在に自分が何を書いてるかもわからないくらい緊張してたwww
2人並んで座椅子に座ったんだけど、だんだん彼の方が
「ここ教えて?」
と聞くために近づいてきて、気づけば肩が触れ合ってた。
もう心臓バクバクだった。本当に。
しばらくして彼が
「眠くなってきたな~」
と言って机に突っ伏し始めたので
「起きて~」
とほっぺをツンツンしたら起きてこちらを見つめながら腰に腕を回されてグッと引き寄せられてほぼハグの状態にw
「ねぇ、キスしていい?」
と少し寂しそうに囁かれて
「う、ウン」
と目も合わせられずに言った時に優しくふっと触れるキス(5秒くらい)をしました。
それから一週間くらいは頭がふわふわしてあのときを思い出すと胸が苦しくなるくらいキュンキュンでした。
その後は毎日のように2人で会ってお互いなれてきた頃にはDチューしかしてなかったですwww
ちなみに今は彼氏いませんww

実感

イルミネーションをやっている公園で、2人で座って噴水眺めてたら最後の演出が終わって真っ暗に。
そこで彼に告白されて、私も好きだったので喜んでOKしたものの、ほんとに両想いだったなんてなんだか信じられず…
「なんか実感湧かないですw」って言ったら、「じゃあ、キスしましょうか」と。そのまま初ちゅー。「実感湧きました?」って意地悪そうな顔で確認されながら何度もされてしまいました。

もともと店員とお客の関係から発展していったので、この時お互い敬語だったのが今考えるとなんか恥ずかしいw

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE