女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

社会に出て活躍する女性の肌はいたわった方がイイ

   


女性のオス化や喫煙で肌はボロボロ


Photo by Thinkstock / Stockbyte

オス化した女性の身体症状としては、肌荒れ、あごのにきび、濃い体毛、体臭、声が低くなる、ひげ、加齢臭、薄毛など様々ですが、とくに濃いヒゲに悩んでいる“ヒゲジョ(ヒゲ女子)」”が急増しているという結果が、調査でうかびあがっています。

女性の“オス化”は、女性ホルモンのバランスの乱れから起こります。女性にも、もともと男性ホルモンは少量分泌されているのですが、ストレスや不規則な生活、乱れた食事などによって、ホルモンバランスが崩れると、女性ホルモンが減り、相対的に男性ホルモンが強くなってしまいます。すると、オス化が起こるのです

タバコを吸っている人の顔の特徴として、「張りやツヤがない」「乾燥してシワが目立つ」「シミやそばかすが多い」「歯や歯茎が黒ずみ見栄えが悪い」といったことがあげられます。この様な顔のことを“スモーカーズフェイス”と呼ぶそうです。

肌がたるみ出すと大変


Photo by Ryan McVay / Photodisc

顔のたるみの始まりは、毛穴の開きから。毛穴の開きは見た目で肌のキメが×だったり、汚れが溜まったりするだけでなく、たるみの大きな原因になります。毛穴の一つ一つは小さいですが、たとえ0,001ミリずつ開いても、顔全体ではナント20万個もあるので、20ミリ=2センチにもなります。ここまで、全部の毛穴が開くことはなくても、少しずつ開くのと、引き締まるのでは、大きな差になります。だから、たるみにも毛穴の開きを解消することが重要。

コラーゲンがぷるぷる肌を作るカギを握っていることは周知の事実ですが、エラスチンも重要な役割を担っていることは意外と知られていません。肌をベッドに例えると、マットの役割を担うのがコラーゲン。エラスチンは線維状のたんぱく質で弾力性があることから、コラーゲンを下からグッと支えるバネの役割を担っています。だから、コラーゲンだけをせっせと補充してもエラスチンが減少した状態では、肌はしぼんだまま。シワやたるみを改善できないのです」。

姿勢の悪さもたるみに影響を与える


Photo by Digital Vision. / Photodisc

「顔のたるみ」を気にしている方の、9割は肩こりを自覚しています

肩が緊張し、バランスを取るために首が前のめりになると(中略)、重力の影響をうけて顔がたるみやすくなります

顔のむくみは肌の新陳代謝を妨げて老化させる上、 その影響で固まった皮下脂肪や、排出し損ねた水分の重みで、 顔のたるみになってしまう

表情筋を鍛えましょう

お肌の土台である表情筋をエクササイズしなければ、お肌をしっかりとサポートすることが出来ずに垂下したりしてしまいます。

スキンケアの限界を突破するには表情筋への働きかけが第一なんですね。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE