女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

美肌の秘訣は”キメ”にあり!?きれいな”キメ”の取り戻し方?

   


▼美肌づくりには、”キメ”問題から目を背けられない?

皮膚の表面には無数の溝(皮溝/ひこう)と、その溝によってできた盛り上がり(皮丘/ひきゅう)があります。

皮溝の幅が細く、皮丘の形(三角形をしている)が小さく、規則正しく並んでいる状態を「キメが細かい」「キメが整っている」と言い、反対に溝が太くて皮丘が大きいと「キメが粗い」と言います。

キメの細かく整っている肌は、毛穴も目立たず肌表面もつるんとしています。光を多く取り込み反射するので肌が輝いて見え、透明感も生まれます。

肌の輝きや透明感を作り出すには、きれいなキメが必須!

▼”キメ”が乱れてしまう原因とは?

肌のキメが乱れる一番の原因はターンオーバーの乱れです。

どんどんスクラブやピーリングなどを利用して肌の新陳代謝を早めたほうが肌のキメもよくなるようなイメージがありますが、 実際は早すぎても遅すぎてもダメで、肌表面が不均一になってザラつきが目立ち、肌のキメが乱れてしまう原因になります。

ターンオーバーを促す為の、ピーリングも頻度によっては、キメを乱す原因に。

顔をタオルで擦るということだけでもキメは乱れてしまいます。

生活の摩擦も侮れない。。。

肌に水分が十分になく、その水分を保つ力も無いので、肌が乾燥していて、皮丘が萎みます。

水分不足もキメを乱すそう。

紫外線や過度な乾燥、ストレスなどで肌のターンオーバーが乱れ、肌のキメが乱れることがわかっています。

紫外線や乾燥もキメを乱す原因に。

乾燥や紫外線、ターンオーバーの乱れなど、お肌に悪いとされていることが、
キメの乱れにつながるよう。

美肌にはお肌の”キメ”だ大事だというのも納得です。

▼まだ大丈夫?乱れた”キメ”の治し方とは?


Photo by Image Source / Stockbyte

肌のキメを整えるのに最も重要なのは、何度も繰り返しているように保湿です。

何はともあれ、保湿は絶対!

あまり肌に刺激を与えずに洗顔料をよく泡立て、細かい泡をころがすようにやさしくを使って洗顔し、タオルで拭いた後すぐにたっぷりと化粧水をつけることが大切です。

摩擦を軽減する洗顔と、洗顔後の化粧水での保湿を徹底!

たっぷりの化粧水で保湿し、乳液やクリームできちんと油分補給をして乾燥を防ぎましょう。

化粧水だけではなく、クリームや乳液で油分をプラスすることもお忘れなく!

紫外線対策を万全にすると同時に、古くなった角質を取り除くケア(ピーリング石鹸を使った洗顔など)を適度に取り入れてもいいでしょう。

紫外線対策は美白だけでなく、キメのケアにも欠かせません!

栄養バランスのとれた食生活を心掛け、十分な睡眠をとるなどしてキメの乱れの内的要因を減らしましょう。

やはり、生活習慣も大事なよう。

▼すぐにでも”キメ”を整えて美肌になりたい…そんなことできる?!

大事なデートやイベントまであとわずか…
できるだけ早く美肌をてにいれたい!

そんな時は?

化粧水はこれらの成分が含まれるものにチェンジ!

ヒト型セラミドは、天然セラミドに劣らない保湿力と浸透性がありますし、しかも安価で安全なので、総合的には1番オススメですね。

中でもヒト型セラミドが美容家さんなどの間でオススメされていました。

これらの栄養素を積極的に採りましょう!

ビタミンA(抗酸化作用)
ビタミンC(抗酸化作用,コラーゲン生成,シミの予防)
ビタミンE(抗酸化作用,新陳代謝の促進)
カロテノイド(抗酸化作用)
たんぱく質(皮膚の生成)

出来れば毎日6時間以上は睡眠をとりたいところですね。これだけでもお肌の調子は見違えるようによくなりますよ!

睡眠時間だけはできるだけ確保するようにしましょう。

紫外線対策用のクリームを使ったり、あとはパウダーファンデーションなどでしっかりと紫外線対策をおこなっていきましょう!

これからの季節、正しい紫外線対策は絶対必須!

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE