女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

食事制限なしの25粒。アーモンドダイエットはデトックスや美容にもいい♪

   


【アーモンドってどこを食べている?】

アーモンドの分類は バラ科サクラ属、つまり桜の仲間で、高さ5~6mぐらいになる落葉高木。桃、杏、梅などに近い植物です。
桃や梅は果肉を食べますが、アーモンドは果肉が薄く、種の中に一つずつ入っている「仁」の部分を食べます。

【アーモンドの栄養は?】

アーモンドは良質の植物性タンパク質が豊富で、必須アミノ酸やその他のアミノ酸がバランスよく含まれています。タンパク質が占める割合は100gにつき19gで、この数値は肉類とほとんど変わりません。

アーモンド20g(約20粒)の栄養

ビタミンEはなんと!ごまの310倍!成人女性が1日に必要とするビタミンE摂取目安は約6mg〜7mg、アーモンドにすると23粒(1粒1g23粒で8.7mg)でクリアする事ができます。

アーモンドの主成分であるオレイン酸やリノール酸などの不飽和脂肪酸は、ドロドロ血液のもとになる悪玉コレステロールの減少効果や血栓予防効果があります。

体内リズムを整えるL-アルギニンというアミノ酸を多く含むことも特徴です。

アーモンドにはAGEsを排出して、蓄積を防ぐ働きがあり、老化や生活習慣病を防いでくれるんです。

AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)、「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」、糖化することで、老化へとつながるといわれています。

アーモンドには豊富なマンガンというミネラルが含まれています。アーモンド理想量28g中に0.6mg含まれていて、これは1日に必要とされているマンガン量の3分の1

【でも、アーモンドって脂肪分が多くない?】

ナッツ類には脂肪が多く含まれることは周知の事実ですが、その脂肪分のほとんどは不飽和脂肪酸で、アーモンドやヘーゼルナッツは、これが一価不飽和脂肪酸(オレイン酸)となっています。

100gあたりで見るとカロリーが高いように感じるかもしれませんが、20粒では約120kcal。そんなにカロリーが高いわけではありません。

【なぜダイエットに効果的なのか?】

アーモンドに含まれる良質の油が、食後2、3時間も血糖値を安定させます。
それにより、体内が脂肪を蓄えるのではなく、カロリー燃焼へとシフト。

【アーモンドダイエットでは何粒食べればいい?】

【アーモンドを食べるタイミングは?】

【アーモンドを過剰摂取してしまうと?】

マンガンを多く摂(と)り過ぎると抗生物質や血圧安定剤などの薬の効力に影響が出てしまうそう。内服している薬がある場合には、食べ過ぎには注意

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE