女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

当たってる…?女優の見た目でわかる「不況のジンクス」

   


眉毛の太さで景気がわかる…?

さらに、2016年夏のメイクから水原希子、上戸彩、北川景子、長澤まさみさんも、主張しすぎないナチュラルな眉と太さが主流に

過去の社会・景気動向と化粧の関係を見ると、景気が悪くなると、眉が細くなり、頼りなげな冷めた表情のメイクが流行している

細眉は、社会のムードを敏感に察知する女性の間で「景気への期待感」が潰えてしまった、ということなのかも

近年流行していた太眉ブームがいよいよ終焉の時を迎え、「いずれ細眉は復活する」との分析も増えている

さらにメイクも景気が連動してて…

今年はこなれ感たっぷりの「エフォートレスメイク」が流行中だけど、、

今モデルとかその辺の人も
ナチュラルメイクって言ってるけど
中には本当にナチュラルな人もいるけど
ナチュラルに見えるメイクをしてるだけ。
だからすっぴんに驚くんじゃん。
決してメイクが薄いわけじゃない。

景気が悪くなったり、天災や情勢不安があると、メイクがナチュラル回帰するなどの傾向がみられるという

資生堂の担当者は「バブル期は赤くはっきりした色の口紅が特徴的で、バブル崩壊後の不況期は薄い色合いの口紅が流行した」とも分析

不況時は口紅の売上が伸びる。東日本大震災後、東北地方の化粧品の売上は一時低下したが、2週間後、口紅の売上が急激にアップした

なんとヘアカラーもバロメーターに!

そもそも、茶髪でゴムやヘアピンなどを用いて、結ったり巻き上げたりする髪形は、子供っぽい顔にみえるという

理由は明確で、もともと養護欲求や支配欲求が強い男性が、景気が悪いと女性にお金を使うことができず、男性が女性を選ぶ立場になる

女性は男性に対してかわいらしく守ってあげたくなるような女性を演じることが、不景気で先行き不透明な社会を生き抜く術なわけだ

確かに、黒髪は落ち着いてみえるし自立した印象かも。。

また、茶髪は景気後退局面でいかに女性に消費行動を起こさせるか、ということでメディアなどが流行を作り出している事実もある

そしてスカート丈まで景気と関係が

世界の歴史に見る経済不況と女性のスカート丈には相関関係があるといい、不況になるとロングスカートが増えるという

なぜスカートの丈と景気とが関係あるのか、解釈はいろいろあるようだが、「不況の時は慎ましく生活する心理が働くためにおとなしめの印象を与えるロングスカートが好まれる」という説がある

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE