女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

言葉以上に「愛」を伝える魔法の行動

   


両親の手伝いをする

両親の手伝いを率先してやってくれる彼を見て愛を感じない女性はいないのではないでしょうか。言葉で愛情表現をする以上に心が温まるかもしれません

家事を無言でサポートしてくれる

「彼は毎朝仕事に行く前に、食器を食器洗い機に入れて、おもちゃを片付けてくれるます。起きた時には家が整頓されていて、気持ちよく1日を始められる環境になっています」—サラ・B

「彼は毎晩ディナーを作ってくれて、もう12年になります」—ケイティ・A

些細なことでも求めている以上のことをしてくれる

「夫は48歳で亡くなりました。一番さみしく思うのは夫が作ってくれたコーヒー。私が熱いコーヒーが大好きなのを知っていて、すぐ冷えないように最初にマグカップを温めてくれてたんです」—ジャックス・C

「1日の終わりに、2人でリビングでくつろいでテレビを見ている時、彼はカウチに座って私は横になっています。彼は私の足をマッサージしてくれます。方足が終わったらもう片方の足もマッサージしてくれます。頼んでいるわけではないのですが、彼はそうしてくれます。これが彼の愛情表現なんだと思います」

「彼は仕事が終わった後に、私の処方箋を受け取ってくれるので、私は安心して直接家に帰ることができます」—アリー・E

「彼はトイレを使った後、便座を下ろしてくれます。あまり大したことではないかと思いますが、でも彼の私に対する愛情と気遣いを感じます」—ケイト・J

「夫は自ら鶏肉を切って焼いてくれます。私は鶏肉が苦手で触りたくないのを知ってくれているんです」—アシュリー・S

一緒に上質な時間を過ごす

相手に丸ごとの注意を注ぎ、同じ時間を共有します。
たとえ一緒にいても、携帯やパソコン、TVなどに注意がいっている状態は、クオリティ・タイムとはいえません。

一緒に散歩する、旅にでかける、お互いの顔を見て、今日あったことを語り合うなど、共に空間と体験を分かち合います。

親子の関係であれば、子どもが話をしている時は、相手から視線をそらさず、聴いてるよということを身体全身で現します。
一緒に料理をしたり、公園に遊びにいくことも、日常でできるクォリティ・タイムです。

プレゼントをする

記念日ではない日常にこそ、ぜひ花やケーキなど、相手が喜ぶものを贈ってみてください。
高価なものでなくても、創意と工夫を重ねた物が、相手に気持ちが伝わります。

ご両親やお子さんへ手紙を書く。
私の宝物のひとつに、小さい頃、母がわたしに書いてくれた手紙があります。
筆不精な母だったので、感激したことは今でも覚えています。

身体的なタッチで、愛を表現

相手の体に触れることは、相手の存在を肯定する意味を持ちます。
友達でも家族でも、ボディタッチが多い人は、「ぬくもり」で愛を伝え、感じています

手をつなぐ、キス、抱擁など、すべてパートナーに愛を伝えます。
素敵なご夫婦は、必ず、出かける前と帰宅時にキスをするときいて、とても素敵だと感じました。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE