女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

【朗報】水中ウォーキングは通常運動の2倍の速さで減量できる!

   


水中歩行は水の抵抗で、陸上を歩くより効率よくカロリー消費することが出来ます。

60キロの男性が1時間水中ウォーキングをした場合、なんと約346キロカロリーを消費することができます。

一方、同じ男性が膝に負担をかけないスピードでウォーキングをした場合、一時間あたり消費カロリーは約162キロカロリー程度とされます。

一時間あたりの消費カロリーの差は2倍以上なので、単純に考えれば、水中ウォーキングは普通のウォーキングに比べ、2倍のスピードで体重を落とすことができます。

体温より低い温度の水中で運動するために、脳が脂肪を燃焼させる命令を出すという二つの効果が組み合わさって得られます。

水中ウォーキングのダイエット効果の高さは知られてます。

水中ウォーキングは陸上でのウォーキングに比べてカロリー消費量は2倍、肉体的な負担は少ないにも関わらずダイエット効果が高い。

中ウオーキング中の姿勢はとても重要で、悪い姿勢で歩いても運動効果が得られなかったり、必要以上の強度で行うと水圧により逆に腰を痛めてしまうことにもなりかねません。

正しい水中ウォーキングの方法

*お腹に力を入れる
*大股で歩き、踏み出した足はかかとから底に付ける
*足元や体がぶれないように真っすぐ歩く
*25mを1~2分で歩ききる

胸を張って頭のてっぺんを真上に引っ張られているように立ち、お腹を引き締め骨盤を少し前へ出すように歩きます。

水圧の効果で代謝が上がる

水泳は、陸上で行われる運動と違って全身の筋肉をあらゆる方向から使います。そのため、効率よく筋肉を大きくすることができるので、こちらも代謝を上げる要因となります。

水中ウォーキングの時だけではなく、普段から歩幅を大きく歩くと使う筋肉も増えエネルギー消費も増えます。

泳げなくても歩くだけで痩せる

プールの中のウォーキングは、足を進めると全身に水の抵抗を受けるため、25メートルを歩くだけでも相当な体力を使い、たくさんのカロリーを消費して脂肪が燃えます。さらには、体の奥深くにある筋肉であるインナーマッスルも鍛えるので、筋肉量が増えて代謝も上がって痩せられるんです。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE