女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

北川景子に平愛梨、モテモテ「兵庫女性」の特徴とは

   


「兵庫出身」芸能人の相次ぐ結婚や熱愛発覚

北川景子は兵庫県神戸市出身

くりぃむしちゅーの上田晋也(45)から「遅ればせながらおめでとうございます。毎日、幸せいっぱいって感じですか」と振られると、北川は満面の笑みで「はい、幸せいっぱいです」と言い切った。

テレビ番組での一コマです

上野樹里は兵庫県加古川市出身

上野さんはInstagramでも発表。「早く、皆さんに言いたくて言いたくて、やっと言えるタイミングが来て嬉しい限りです!皆様、私は幸せです、そして、これから何事も、もっといいエネルギーでパワフルにがんばれそうですよ」と幸せをアピールした。

藤原紀香は兵庫県西宮市出身

3月31日、都内ホテルで結婚会見を開いた。報道陣約200人、ムービーカメラ30台、スチールカメラ40台と多くの注目が集まるなか、金屏風の前で2ショットを披露し、嵐のようなフラッシュを浴びながら「最高に幸せです」と満面の笑みを浮かべた。

平愛梨は兵庫県明石市出身

平愛梨を「アモーレ(イタリア語で愛する人)」と表現し、ネットや芸能界スポーツ界でも浸透。早くも流行語大賞の候補になるのでは?という説も出ています。

「兵庫女性」はなぜこんなにもモテるのか?

今年、交際・結婚報道で話題をさらっている“旬”の女性たちには共通点がある。皆、生まれ(出生地)や育ち(出身地)が兵庫県なのだ。

神戸や芦屋、宝塚といった東部の出身者は、地方コンプレックスとも無縁。標準語を巧みに話し、男性にも積極的にアプローチする女性が多く、「高嶺の花」であっても、決して「深窓の令嬢」ではない。

兵庫の女性は一般に仕事や洋服、男も一流を好むという。彼女たちは社交的で、繊細さもあり、人当たりも悪くない。ファッションで自己主張できるすべを持っており、そのセンスはバツグンである。

ギャップも良いらしい

兵庫女の魅力は、見た目と内面のギャップだという。紀香や北川も、「一見すると、話しかけづらい印象だが、実際に話すと明るくサバサバとした答えが返ってきて、拍子抜けする」(民放キー局関係者)そうだ。

兵庫だけじゃない、他にも○○出身はモテる

付き合いたい1位はやっぱり京都

関西弁のなかでも京都女子は話すスピードがゆっくりでした。だから、上品、清楚といった印象が強く残っているのでしょう。最近の女性、とくに若い娘は早口ですから、それでわーっとまくしたてられると、男は逃げ場がなくなって、引いてしまうことが多い

京都は男女ともに京都弁に魅力を感じる人がたくさんいるみたいですね。そして男性は京都の女性に、舞妓さんのような物腰柔らかで上品なイメージをもっていることがうかがえます。

東京出身の女性はオシャレで洗練されたイメージがあるよう。「地方出身者からすると東京は憧れだと思う」なんていう意見も聞こえたが、東京出身というだけで注目される存在なのかもしれない。

出典http://仕組み.com/beauty-4-5269

中にはこんな意見も

逆に○○出身はちょっと勘弁…

逆1位は埼玉県

埼玉出身の子って東京にすごく多いんだけど、中途半端に近いせいか、実家暮らしの人が多いんよね~。そうすると付き合っても終電とか厳しいし、あんまり自由に遊べない

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE