女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

気付いていないだけかも?メイク下手な女子がやっているNGなこと

   


▼メイクが全然上手にならないし、いつも同じ感じになっちゃう…。

メイクが上手な人を見るたびにいいな~と思う。

「化粧」と一口に言ってもやり方も道具もたくさんあるので難しい

本当にこれでいいのかな、ちゃんとできていないのかもしれない、そういう思いに駆られたことがある人も多くいるでしょう。

▼上手になりたいけど、メイクって難しいよね。

メイク難しい〜。メイク上手になりたい〜。

お化粧が上手くなりたい
ナチュラルって難しい
メイクが上手になりたい

普段はメイクしないけどどっか出かける時とかメイクしたい。でもメイクするの下手だから…(´;ㅿ;`)

□メイク下手、苦手な女子がやってるNG習慣って?

・メイクをしている場所が暗い。

メイクをする時は、光がどんな風に顔にあたるかが大切です。暗い場所でメイクしていると、ファンデやアイシャドウがの量が分かりにくいので、つい厚塗りになってしまいます。

どんな環境でメイクをしていますか?
薄暗い部屋の中ではメイクの発色がしっかり確認できません。

暗い所でメイクをすると、どのくらい発色しているのかがわかりにくいため、アイシャドウやチークを盛りすぎてしまいます。

光の当たり方に左右で差があったり、まばらだったりするのもNG。付ける量を間違えてムラができてしまうので要注意です。

・鏡が小さい。

鏡が小さいと、メイクのムラに自分ではなかなか気付くことが出来ません。

コンパクトに付属している小さな鏡だけでメイクしていませんか?それ、かなり問題。小さな鏡は、パーツをクローズアップして見るには適していますが、全体のバランスをチェックするには不向きだから

気になる肌トラブルばかり目に入って厚塗りしてしまう。メークはバランスが大切。大きめの鏡で顔全体を見ながらメークしましょう

顔と首のファンデの色の差や、チークの位置や加減、ファッションやヘアスタイルとの相性等も大きな鏡で引いて見ないとわかりません

・正面からの顔しか見ていない。

横から見ると足りない、濃いなど、メイクの仕上がりがしっかり確認出来ます。女性の横顔が好きな男性も多いので鏡でしっかりチェックしましょう。

顔は平面ではありません。横顔やななめ顔も人から見られているので、様々な角度を抜かりなくチェックする必要があります。

・ファンデーションの厚塗り。

アラを隠したいし、キレイな肌と思われたい…そんな思いから下地にコンシーラー、しっかりファンデーション…など厚塗りになっていませんか?

厚塗りファンデはシワや毛穴に入りやすく肌のアラを強調し、汗や皮脂でファンデがよれただけでも大きく目立ち、時間がたつほどに汚くなりやすいというデメリットもあります。

伸ばして軽めに仕上げた方が肌をきれいに見せてくれるし、隠したいと思っているシワやたるみもふんわり隠して肌を若く見せてくれる

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE