女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

毛が濃いのはなぜ?

   


どうして私は毛深いの…?

ご両親が毛深い、または祖父母が毛深いと原因は遺伝である可能性が高いです。
また、血縁者が現在毛深く見えなくても、「若い頃は毛深かった」という事もあります。

体質的な問題もあるでしょうが、それ以外では、生活習慣によって体が男性化してしまうことが考えられます。
例えば
・食生活の乱れ
・お酒や喫煙の過剰摂取
・夜更かしや睡眠不足
・過剰なストレス
・無理なダイエット

・強い日差しによるもの
・洗う時にこすりすぎる
・服によるスレ
・カミソリや毛抜きなどの自己処理によるダメージ
こんな簡単なことで!?と思うかもしれませんが、1日だけでは何でもないと思うことでも、毎日続くと濃いムダ毛に繋がります。

じゃあどうしたらいいの?

ホルモンバランスを整える食事

● バナナ
● ヨーグルト
● 豆腐などの大豆食品
● 海草類
● 魚類

大豆製品に含まれる「大豆イソフラボン」は構造と働きがエストロゲンとよく似ており、女性ホルモンの不足を補い、男性ホルモンを抑制してくれる効能があります。

基本的にテストステロン(男性ホルモンの一種)の分泌量が増えると毛深くなると言われています。そう考えた時、普段の食事から、このテストステロンの摂取を控えるのが、毛深さの促進を抑える方法になるのではないかと考えられています。

テストステロンを促進させる食べ物

● 牛肉や豚肉の赤身
● 牡蠣
● ブロッコリーやカリフラワー
● キャベツ
● 長ネギ
● にんにく
● ニラ

喫煙は体毛を薄くする女性ホルモン「エストロゲン」の生成を阻害し、分解してしまう女性の大敵!

エストロゲンは脂肪の中で代謝されるため、体脂肪が減りすぎるとエストロゲンも低下してしまいます。体脂肪率が20%を下回る場合は注意が必要。逆に、体脂肪の増え過ぎもスムーズな代謝を妨げて、ホルモンバランスを乱す原因に。

運動による脂肪カットであっても減り過ぎてしまえば女性ホルモンの分泌量は低下してしまいます。

人間は身体が冷えないように、外からの攻撃を受けないようにと体毛が生えてくると言われています。そのため、外から過剰に刺激を受けたり、身体が過剰に冷えたりすることで、本能的に体毛が濃くなる可能性が高いと言われています。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE