女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

女子旅でのおしゃれ、意外と知らない旅ファッション!

   


せっかくの女子旅! でも、どういう服装がいいの?

女子旅でお気に入りの服を着たいけれど、旅先の気候や天気によって服装を変えたりしなくてはならないから、持ち物が増えてしまい困ったことはありませんか?

女子の旅行におしゃれは大事なものですよね。
では、そんな旅行に向くおしゃれ・向かないおしゃれってなんでしょうか。

ブラックドレス・ブラックワンピースで格上女子に

クラブに行く時、パーティに行く時、レストランに行く時など、中途半端なドレスアップでは場違いに。その点、ブラックドレス(ワンピース)は万能選手。

シックなブラックドレスなら、改まった席にも華やかな席にも対応します。
大ぶりアクセサリーでいまどきのお洒落を楽しむのも素敵ですね!

旅行の移動中はとにかく"楽"!

長いこと座っている時にスキニーや体を締め付けるベルトはかなり苦しくなることも。
そんな時、移動中のファッションが楽だと負担も少なめですよ。

ちょっぴり遠出して自然に触れ合う女子旅には、
動きやすさ重視のファッションで。万能なスウェットトップスはカジュアルになりすぎないよう、スカートアイテムと合わせるのがおすすめ。

スカートは特にロング丈、あるいはシワになりにくいものを。

意外とあり!? スニーカー

歩きまわる時にはとにかく歩きやすいアイテムを。そんな時におすすめのが歩きやすいスニーカーです。

ヒールでは長時間歩けないのでスニーカーを持っていきます!
歩き疲れたらスニーカーに履き替えます。

女子旅ではヒールとスニーカーを両方持って行くと使えるかも。

また、最近はスニーカーにドレスをコーデするという上級コーデもあります。
フォーマルなものにしてカジュアルすぎない、でも足元をスニーカーにするとそのリラックス感が素敵です。

スニーカーを合わせるなら、ドレスはわりとフォーマルなデザインを選びましょう!

スニーカーがカジュアルだからこそ、ドレスはフォーマルにしたいところですね!

パーティーでのスニーカー着用はしっかりとしたフォーマルパーティーではNGですが、最近のカジュアルパーティー事情ではわりとOK♪

最近特にコンバースやニューバランス、海外でもホットなナイキなどのスニーカーは人気があり、スニーカーファッションは定番になりつつありますね!

フォーマルなお席、品格のあるレストランなどではやっぱりスニーカーはNG。
でも、カジュアルパーティーやトータルコーデを考えれば、意外とイケるかも?

大ぶりネックレス、ボリュームのあるアクセはコーデを格上にしてくれる!

アクセサリーなら少しボリューム感のあるもので、コーデをワンランクアップさせちゃいましょ♪

ロングネックレスの中でもチェーンだけのものなら、ぐるぐる腕に回してラップブレスにしてもグッド。

ピアスやボリューム感のあるネックレスをあえてTシャツと合わせるのも上品コーデになりますよ。

帽子やシュシュがあるとお役立ち!

こういう帽子なら、なにげに使いやすいものです。

移動時間に髪型が崩れても、帽子一つで簡単に隠せます。
ヘアセットが決まらない旅先の朝もおすすめですね。

大きめの帽子なら紫外線対策にも。うなじや髪を紫外線から守ってくれますよ。

日よけ以外にも、素敵なファッションアイテムになります。
ストローハット、つば広ハット、ニット帽など、お気に入りの帽子を是非持って行きましょう。

羽織るだけで楽ちん、カーディガンは旅の友

羽織るだけで冷房がきついところの防寒にもなりますし、露出が多いとヤバそうなところであえて羽織って肌を隠すのにもグッド。
物理的に紫外線カットしてくれるので、体の日焼けを防止する効果もあります。
ニットカーデならシワにもなりにくく、重くないのでぜひ一枚持って行きたいところですね。

これだけはダメ! なNGマナーとは

逆に、これは避けたいというファッションのポイントもあります。

露出の多い格好をしていると、周りから大変目立ち、目をつけられやすくなります。
軽い女性と思われやすくなり、男性から話しかけられやすくなったがゆえに、トラブルにも巻き込まれやすくなるのです。

露出の多いファッションは旅先だからこそできる、と思うかもしれませんが、旅先だからこそ控えたほうがいいもの。
特に女性の一人旅は注意!

アナタのプリントシャツも、海外では笑いのネタになってしまうかもしれません。日本で売られている英語文字の書かれた服は、間違いだらけなんですよ。意味を調べたうえで着用するようにして!

英語のプリントされたシャツは、その英語の意味を理解してから着ていくか判断しましょう。
国内の旅行先にいる外国人や、外国の英語圏の人に笑われるだけならともかく、最悪なことになってしまうかも……。

シンプルおしゃれで普段は地味に抑えていてもオペラや高級レストランでの食事ではドレスだったりスーツだったりバッチリオシャレを決めています。

なかなか旅行だと1回のためにそんなの持って行くのは荷物になるのですが、もし、そういうところに行く予定ならせめてまーギリ大丈夫かなと思える程度の服装は用意しておいたほうがいいです。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE