女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

その生活習慣が原因かも…美しいバストを保つために注意したいこと

   


▼いつまでもキレイなバストを保っていたい。

バストは女性のシンボル。
理想も願望も尽きることはありません。

▼やっぱり男性もなんだかんだでバストを見てるよね(´;ω;`)

女性だって見るんだもん、男性が見ないわけない。

▼大きさ、形など、女性のバストの悩みは尽きない…。

女性の多くが気にするバスト。

生まれつきバストが大きく、形がキレイな女性もいますが、
自分のバストに自信を持っている人は、実はとても少ない

サイズアップさせるのは難しくても、せめて垂れかかったバストをあげて、ハリのある美バストを取り戻したい……

□実はそのNGな習慣がバストラインを崩す原因だったのかも…!

垂れてしまうメカニズムと“垂れ乳”をもたらす生活習慣

●動かすこと、揺らすこと。

バストが垂れる大きな原因の一つは「揺れ」。
ジャンプの多い運動などをする時は、しっかりとバストを固定する下着をつけましょう。

バストは脂肪、乳腺、クーパー靭帯というやや固めのメッシュのような組織からできています。このうちクーパー靭帯は長期にわたって揺れにさらされると伸びやすくなると言われています。

●無理なダイエット。

ダイエットをすると、胸が小さくなった、垂れて来たと言う女性は多いと思います。これは、無理なダイエットによって女性ホルモンが乱れ、胸への栄養は「優先順位が低い」と判断され、回らなくなることで小さくなったり、垂れて来たりするそうです。

急激なダイエットは胸も体のカタチも崩します。

痩せることで脂肪が少なくなりますよね。バストは脂肪で出来ていますので、脂肪が少なくなることで垂れていきます。

ストレスや疲れを溜めすぎないようにすること、
規則正しい生活・無理のないダイエットを心がけることが大切

●合わない下着。

ラク過ぎる下着、紐が短かったり長かったりと安定感がない下着、締め付け感のある下着はNG。
必ず試着をして自分に合った下着をつけましょう。

バストの固定がしづらく、その分揺れの影響を受けやすくなる

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE