女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

ペットボトルさえあればOK、二の腕や顔痩せが実現出来る

   


ペットボトルで筋トレを行ってみよう

ペットボトルダイエットの効果は太ももや二の腕、お腹などの部分的なダイエットはもちろん、顔痩せにも有効です

身近にあるペットボトルを使って、ちょっとしたすき間時間ですぐにできるのがペットボトルを使ったエクササイズのメリットですね

最初はお水を少なめでも◎だんだん慣れてきたらお水をたくさん入れてチャレンジしてみましょう!

気になる上半身編

ペットボトルに水を入れてダンベルとして活用♪持ち上げて、おろしてを繰り返すことで二の腕がすっきり!中にいれる水の量で重さを変えられるので便利

※ペットボトルを握る時は、二の腕を意識しながら、小指と薬指に思いっきり力を入れるのがポイントです。

空のペットボトルを口にくわえ、ペットボトルの中の空気を吸うように頬を思い切り凹ませます。そして、5秒キープします。また5秒かけて頬を膨らませ、これを30回程度繰り返します。
思いのほか、頬の筋肉を使うので、最初のうちは頬にだるさを感じるかもしれません。それだけ頬の筋肉を使っていなかったとも言えるでしょう。

肺活量が少なくてぺこぺこさせるのが難しい方は柔らかい素材のペットボトルからチャレンジしてみましょ♩慣れてきたらもう少し強度のあるものをチョイスして♡

① 仰向けに寝て両足でペットボトルをはさみ、手をからだの横に広げ足をゆっくり持ち上げます。足を上に持ち上げた姿勢が①の姿勢です。
② 持ち上げた足を、左右にゆっくり倒していきます。左右1セット5回行います。足を真っすぐ上げるのが理想ですが、無理な人は足を曲げても大丈夫です。

痩せにくい下半身編

(1)ペットボトルを両手に持って、両足を肩幅に開いて立ちます。
(2)次に、右足を大きく1歩前に踏み出し、右足の角度が90度くらいになるまで腰を落とします。
(3)踏み出した足を引き、最初の体勢に戻ります。

①椅子に座り、足をそろえる。
その両足の足首の間にペットボトルを横にして挟む。
(上半身は動かないように)
②ペットボトルを足から落とさないように両足を上に持ち上げていき、足が地面と平行になったところで5秒キープする。
③ゆっくりと脚をおろす。
1日10セット行うのが理想!

ジョギングやウォーキングの時にペットボトルを持つこともお勧め

ウォーキングやジョギングは手を動かすことが必要としているのですが、その時に重い物を持っていると、腕全体の筋肉を使うようになりますので、二の腕の筋肉が鍛えられます

マッサージ効果でセルライトも撃退

ボコボコした形のペットボトルを使えば、マッサージ器具に大変身!ちょうどいい凹凸が筋肉を刺激し、老廃物を流してむくみやたるみを解消できます。ダンベルの時と同様に、ペットボトルに水を入れて一つの器具として使用するのですが、この場合は水よりも温かいお湯を入れて使いましょう

セルライトが気になるふくらはぎや太ももに、このペットボトルを押し当てて下から上に転がします。脚のまわりをまんべんなく刺激できるとよいです。イメージとしてはめん棒をつかって生地をこねているような感覚です。

ペットボトルがお手軽『美容温灸』に早変わり

体の血流を改善してくれて、疲労回復効果が抜群。ストレス解消にも良さそう

ペットボトルに入れるお湯の温度は70~80度です。目分量でいいのでお湯をペットボトルに水を1/3、お湯を2/3そそいでフタをすれば適温です。

1、ホット専用のペットボトルに、お水を1/3入れ、沸騰したお湯を2/3入れる
2、ツボ付近(ツボの位置が性格に分からなくてもOK!)に当てるだけで完了

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE