女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

1ヶ月で胸を大きくする方法

   


1ヶ月後のあの日に向けて、短期集中で胸を大きくしたい!

ずっと貧乳で悩んできたけど、何からやればいいのか分からない・・・

1ヶ月後のイベントで着たい服があるけど、胸が小さいと似合わないかなあ?

1ヶ月間、集中して取り組むことができれば、胸を大きくすることは可能です!

胸を大きくする方法はいろいろ。

マッサージ、筋トレ、ツボ押し、食事などなど。

これら全てをバランス良く行うことで、バストアップできますよ。

かくいう私も女子なんでバストアップのために3日おきにベンチプレスやってます

♡˳˚⋆胸が大きくなる姿勢☆*.。

ネコ背の人はバストトップが垂れやすくなり、いわゆる”タレ乳”に…(;´∀`)

バストアップのためには、正しい姿勢を保つ!
これだけでもバスト周りに筋肉がつき、自然にバストアップするよ♡

1ヶ月で胸を大きくする短期集中プログラムを伝授!

1ヶ月という短期で胸を大きくする方法は、まず、

●リンパの流れを整える

●乳腺を刺激する

●姿勢よく生活する

●身体を温める

●ブラジャーを見直す・正しく着ける

これらを徹底して行います。

プラスで、

・胸を大きくする食材を使った料理を食べる

・睡眠時間をいつもより長めに取る

・サプリメントを摂る

も取り入れるとさらにバストアップ効果がアップします。

1ヶ月で胸を大きくする方法【マッサージ編】

1ヶ月で胸を大きくする方法に、直接バストを刺激するマッサージが二種類あります。

一つはリンパマッサージ。

リンパマッサージは、リンパの流れを促進する効果があります。

バスト周りの老廃物を排出し、バストアップに必要な栄養素を取り入れるのに効果的です。

胸周りのめぐりを良くするために、1ヶ月で胸を大きくする方法の中では最優先で取り組んでいきましょう。

もう一つは乳腺マッサージ。

乳腺を刺激するマッサージは、乳腺の発達を促します。

乳腺が発達すると、その周りに脂肪がつきやすくなり、バストアップにつながるのです。

リンパマッサージ

腋窩リンパを刺激するマッサージです。

腋窩リンパ節は、身体の老廃物を排泄する出口となっています。

1ヶ月で胸を大きくする方法としては、一番にやるべきマッサージでしょう。

<方法>

①ワキのくぼみに親指以外の指4本を入れ、くるくると円を描くようにマッサージします。(左右)

②気持ちいいと感じるくらいの強さで、ワキのくぼみを押して刺激します。(左右)

①②をそれぞれ10秒間ほど行います。

頻度:1日に5~6回行いましょう。

2、3時間に1回のペースで行い、特に入浴時は必ず行ってください。

場所や人目を気にせず行えるマッサージなので、1ヶ月の間頻繁に行うようにしてくださいね。

乳腺マッサージ

乳腺を刺激して発達を促し、バストに脂肪を付きやすくするマッサージです。

胸を大きくする方法として、かなり有効です。

<方法>

①指4本の指の腹を使って、ワキの下⇒アンダーバスト⇒胸の中心⇒デコルテと、胸のまわりをさすります。

左右それぞれ10回ずつ行います。

②右のバスト上部に左手を置き、右手を右のアンダーバストに置きます。

左手はワキに向かって、右手は胸の谷間に向かって同時に滑らせます。

これを10回繰り返します。

左のバストも同様に、手を入れ替えて行います。

頻度:①②をワンセットで、1日3回以上行います。特に、入浴時は必ず行ってください。

1ヶ月で胸を大きくする方法【筋トレ編】

1ヶ月で胸を大きくする方法として、胸のまわりの筋トレも有効です。

大胸筋など、バストの下にある筋肉を鍛えることで、バスト全体の底上げを。

さらに、肩甲骨まわりの筋肉をほぐし、鍛えることで、肩凝りや猫背を解消します。

また、筋トレをすると筋肉量が増えるので、代謝が上がり、身体の冷えを改善することもできます。

胸を大きくする以外にいろんな嬉しい効果があり、一石二鳥ですね。

合掌のポーズ

大胸筋を鍛える筋トレです。

胸を大きくする方法としては有名なので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

こんな簡単なことで・・と侮ることなかれ!

お手軽にできますが、1ヶ月間継続すれば効果は期待できます。

方法:胸の前で手を合わせ、肘を張ります。

両手をぐーっと押し合い、5秒キープします。

ゆっくり呼吸しながら行いましょう。

これを10回1セットとして行います。

頻度:一日に5セット行います。

日中、仕事や家事の合間に行ってください。

また、入浴後には必ず行います。

肩甲骨はがし

肩甲骨まわりの筋肉をほぐし、猫背・肩こりを解消することも、胸を大きくする方法として効果的。

また、肩甲骨を動かすことで褐色脂肪細胞が刺激され、代謝も上がります。

凝り固まった筋肉をほぐすと、リンパの流れも良くなりますよ!

方法:両腕をまっすぐ天井に持ち上げます。

手のひらを外側にして、真横より少し後ろをさわるような感じで腕を肩の高さまで下ろします。

また、腕を頭上に持ち上げ、繰り返します。

これを、20回で1セットとして行います。

頻度:1日3回以上行いましょう。

特に、入浴後は代謝が上がっているので、効果的です。

必ず行うようにしましょう。

1ヶ月で胸を大きくする方法【ツボ編】

胸を大きくする方法の中には、

・女性ホルモンの分泌を促すツボ

・乳腺を刺激するツボ

というものがあります。

「ツボを押しただけで、本当に胸が大きくなるの?」

という声が聞こえてきそうですが、ツボは、正しく刺激すればかなり効果的な胸を大きくする方法のひとつ。

リンパマッサージなど他のバストアップ方法と並行して行うことをお勧めします。

また、身体が温まっている時に行うとさらに効果的!

1ヶ月で胸を大きくするために、ツボ押しの方法も習得しちゃいましょう。

壇中(だんちゅう)

壇中は、女性ホルモンの分泌を促すツボ。

両方の乳首を線で結んだ、ちょうど真ん中にあります。

指で押してみると少し痛みを感じる場所が、ツボです。

間、毎日刺激しましょう。

押し方:両方の親指をツボに重ねて置き、息を吐きながら3~4秒押します。

息を吸いながら指を離します。

これを5回繰り返します。

頻度:1日3回行います。

入浴中など、身体が温まっている時に行うと効果的なので、入浴中は必ず行ってください。

天渓

天渓は、乳腺の発達を促すツボ。

両乳首の外側、バストのふくらみが始まるあたりの場所にあります。

肋骨の間にあり、指で押すと少し痛みを感じる所です。

こちらも、1ヶ月間毎日刺激しましょう。

押し方:親指をツボに押し当て、息を吐きながら内側に押し込むように刺激します。

3~4秒押して、息を吸いながら指を離します。

左右両側にありますので、同時に刺激します。

これを5回繰り返します。

頻度:1日3回行います。

入浴中など身体が温まっている時はより効果的ですので、忘れずに行ってください。

1ヶ月で胸を大きくする方法【食べ物編】

1ヶ月という短期間で胸を大きくする方法で、食事について触れてみましょう。

私たちは食べ物から栄養補給をしていますので、もちろんバストも食べ物によって左右されます。

バストに必要な栄養素といえば、

・タンパク質

・イソフラボン(大豆に多く含まれる)

・ボロン(キャベツ等に含まれる)

この3つは欠かせませんね。

胸を大きくする方法に取り組んでいる人なら、おなじみの栄養素。

毎日の食事を少し変えるだけで、バストアップができちゃうんですよ。

1ヶ月で胸を大きくするために効果的なメニューを紹介していきます。

チーズのせチキンソテー

鶏肉は良質なタンパク質を豊富に含んでいます。

また脂肪が少なく、「高タンパク・低カロリー」の優良食材。

太らずに胸を大きくするためには好条件ですね。

また、値段が安いのも魅力のひとつ。

チキンソテーなら少ない油でカロリーを抑えられますので、そこにチーズを乗せて乳製品のタンパク質も同時に摂取しましょう。

キャベツと納豆のサラダ

キャベツにはボロンが、大豆にはイソフラボンが含まれます。

これらの成分は、

ボロン:女性ホルモンの分泌を高める

イソフラボン:女性ホルモンに似た働きをする

という効果が確認されています。

胸を大きくする方法として、1ヶ月毎日摂取しても問題ありません。

この二つの成分を同時に摂取するメニューが、キャベツと納豆のサラダです!

ボロンは熱に弱いため、生食がおすすめ。

納豆は発酵食品のため、整腸作用も期待できます。

豆乳鍋

イソフラボンを手軽に取れる食材といえば、豆乳がそのひとつ。

この豆乳を使ったお鍋はいかがでしょうか?

具材には、鶏肉や魚などタンパク源となる食材の他に、豆腐や油揚げも入れてみましょう。

また、締めにはチーズリゾットにするのがおススメですよ!

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE