女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

絶対成功させる「1日おき断食ダイエット」インターミテント・ファスティング

   


本気で痩せたい人が習慣化してる1日おき断食

「断食の日」と「食べる日」を1日ずつ繰り返す方法です。体重が減り始めている時期は絶大な効果が期待できます。単純に摂取カロリーを半分に抑えることができますし、「食べる日」は食事制限の必要はありません。

断食日以外の日は何でも好きなものを食べられるので、継続しやすく気軽に行えるというのがメリット

1日おきに「断食」と「通常の食生活」を繰り返す!

「インターミテント・ファスティング」と呼ばれているそう。

「断食の期間」と「通常の食生活の期間」を繰り返すことで行う、断食の新しいスタイル

減量、筋力強化、強いては”健康”全般にすぱらしい効果が期待できるということで、とても人気が高まっています。

負担が大きいので、断食を24時間以上は続けないのがポイント

■ダイエットチャンネル
一日おきに交互に繰り返すと言うのがミソで
断食に慣れてくると2日連続で断食行けそうになるがそれは絶対やめる
2日連続とか絶対ムリだし失敗したときの挫折感がハンパない

長くても24時間までの断食としています。
食べないというのはかなり心理的な抵抗がありますし、人によってはストレスが大きいでしょう。

ダイエットだけでなく健康効果も◎

1.ヒト成長ホルモンが大放出されるので、脂肪を燃焼し、筋肉を増やす。最大5倍とか。
2.断食すると細胞が修復されはじめる。細胞が自食(じしょく/オートファジー)状態になり、細胞内での異常なタンパク質の蓄積を防いだり、細胞質内に侵入した病原微生物を排除する(参考:1)
3.インシュリン感受性が安定し、血糖値が約3-6%低下するので2型糖尿病にも有効といわれている
4.病気や寿命にかかわる遺伝子の機能に変化があらわれる
5.LDLコレステロール値を下げる。
6.ガン予防(動物実験の結果)
7.動物実験では、インターミッテントファースティイングを行ったラットは通常のラットの36-83%長生きした。

糖の代わりに、脂肪がケトン体になり消費される!…のだけど。

エネルギー不足の状態が続くと、代謝がうまくいかなくなり、「ケトン体」という物質が血液中に増えていきます。これも強烈な匂いの原因となり、甘酸っぱいツーンとしたにおいを放つようになります。

ケトン体の臭いを消すためには「適度な運動」と「クエン酸」

ウォーキングなどの有酸素運動や、基礎代謝を高める筋トレなどをダイエットに取り入れることが、ケトン臭の発生を抑えることにつながるという意見もあります。

クエン酸を摂取することも、ケトン臭対策として効果があると言われています。
クエン酸は酸味のある食品に含まれることが多く、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類のほか、梅干しやお酢などからも摂取できます。

温かい飲み物を飲んだり、ヨガや体操で体を温める

ファスティング中の好転反応として「手足が冷える」ことがよくあります。
これは、脂肪燃焼が始まった証拠で、デトックス効果のひとつです。

8月は1日おき断食やろう。

食べる日と食べない日の交互!
大きな効果が見えたら
継続!

自分に厳しくしなくちゃ!

1日おきの断食がいいのも筋トレに似ている
追い込んだら回復期間がいるのだ。

間欠的断食とは何か。
1)1日おきに断食(プチ断食)を行う
2)1日に食べる時間を4時間~8時間に制限する
それぞれ解説します

日本での一般呼称は「断続的断食法」のようです。
1)1日おきの断食(隔日断食)
その名の通りですが、1日目:普通に食べる(食べすぎはNG) 2日目:必要カロリー量の半分程度に抑える
これを繰り返すもの。

痩せにくくなってきたから平日は1日おき断食

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE