女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

いうだけ簡単♡彼を家事メンにしちゃう一言

   


「一緒にしよ♡」は最強の言葉

「二人で一緒に〜しよう」という誘い方に男はノリやすくなります。彼が重い腰をあげたくなるような言葉を伝えていきましょう。

一見つまらなそうなことでも、一緒にやれば、会話も多くなり、コミュニケーションも増えます。

「してもらえたら○○できるよ」

「今これを済ませてしまえば、ふたりでゆっくりできる時間が増えるよ」というのもいいです。

「食後に一緒にしたいことがある」とアピールすれば、スムーズ手伝ってくれる確率がアップします。

「あ~間に合わない!」と焦るのもアリ

「早くしないとドラマが始まっちゃう!」などあわただしい雰囲気を演出しながらお願いすると、相手もつられて…という作戦です。

「○○してもらえるとその分ご飯が早く出せるんだ」明るく、ときにはユーモアを具体的ビジョンを示すと、協力が得やすくなります。

「負けた方が○○ね!」

ゲーム好きだったりムキになりやすいタイプには効果覿面。負けた場合も、ちょっと手伝ってあげれば気を良くするかもしれません。

まずは罰ゲームとしてでも家事に慣れさせていくのが大事なんです!

勝ったり負けたりをくり返すうちに、彼や夫に後片付けをする習慣をつけることができます。

「料理作る?それとも…」

「料理作る?それとも後片付けする?」という二者択一で「後片付け」を選ばせる方法をとっているという方がいました。

わざと大変そうなものと楽そうなものとを提示するとすぐ選んでくれますよ◎

「私が洗うからあなたは食器を拭いてね」人は他者からの要求の度合いが予想よりも小さければすんなりと受け入れてしまうものです。

「できる男の人って…」というのも手

プライドをくすぐることは、男心をつかむための基本中の基本です。複雑な女心にくらべたら、意外と単純なモノ。

「結局、仕事ができる男の人って、家のこともできちゃうんだよね」まんざらでもない顔で、その後も手伝いを続けてくれるようになるはずです。

まずは一言かけてみよう♪

甘やかしてしまうと、「家事はあなたがするものだ」と勘違いして、全ての家事をあなたが背負い込む羽目になりますよ。

洗濯干しや食器洗いなどが終わったら、「助かるわ~」と伝えると、ちょっとうれしそうにしてくれることを発見。

「ありがとう」の気持ちだけでなく、具体的に口に出すことを忘れずに、上手に家事分担してくださいね。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE