女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

”生姜ココア”でダイエット! しょうがココアで”むくみ腸”と”ぽっこりお腹”を解消!

   


ぽっこりお腹とむくみ腸

ぽっこりお腹の原因はむくみ腸にあるのだとか。手や足がむくむように、腸も余計な水分を含んでしまうことで、むくんでしまうのだそう。それをむくみ腸と呼びます。腸はむくむと、水分を含んで肥大化し、デコボコがなくなっていきます。小林先生によると、ぽっこりお腹の人の腸を見ると、ほとんどの人がむくんでいる状態なのだそう。

原因は血流の停滞。ストレスや運動不足、暴飲暴食などで血流が停滞すると、不要な水分が回収されずに腸がむくむとのこと。むくみ腸がひどくなると、最悪の場合は大腸ガンにつながるそうです。

大腸は4点だけで支えられているのでもともと不安定で、むくみ腸になると水分の重みで垂れ下がり ぽっこりお腹の原因となってしまいます。

しょうがココアでむくみ腸を解消

しょうがとココアの組み合わせは、腸の血流を良くする最強タッグなんです。まず、しょうがにはショウガオールという成分が豊富に含まれており、腸の血流を良くする働きがあります。ショウガオールは生姜にしか含まれていない特有の成分です。

次に、ココアには、ココアフラバノールという成分が豊富に含まれています。このココアフラバノールには、腸の血管を広げ、血流を良くしてくれる働きがあります。

つまり、しょうがが血流を促し、ココアが血管を広げる…という相乗効果が期待できるということ。しょうがココアを飲むことで、血流がぐっとアップして腸の血流を良くしてくれるのです。

しょうがココアのレシピ

【材料】

・お湯…200ml
・ピュアココア(無糖)…小さじ2杯半(5g)
・しょうがのすりおろし(皮ごと)…小さじ1杯(5g)

【作り方】

1.お湯を注いだマグカップに乳脂肪分や糖分を含まないピュアココアを入れて溶かす
2.1に皮ごとすりおろした生姜を入れれば完成!

甘味が欲しい、飲みやすくしたいという方は、ハチミツを小さじ2杯半入れるのがオススメなのだそう。

市販の生姜チューブを使用してもOK。
ただし、この場合はショウガオールが若干少なめになってしまうので、小さじ1杯半(7.5g)に増量してくださいね。

しょうがココアを飲んだ結果は?

しょうがココアを飲むだけで、どれほどぽっこりお腹が解消できるのか。石井明美さんと一般被験者2名の計3名で検証しました。

【しょうがココア生活のやり方】

1.しょうがココア約200mlを朝晩1杯ずつ飲む
2.期間は3週間
3.それ以外は普段通りの生活

3週間後、石井明美さんのCT画像を撮ってみると、むくみ腸が改善されていました。このままむくみが改善していくと 腸の位置が元に戻っていくとのこと。

【3週間後の結果】
石井明美さんの腹囲
86.8cm → 77.0cm マイナス9.8cm!

一般被験者2名の腹囲も減っていたのでした。

こういうのも、市販されてます。自分で作るのが面倒な方はどうぞ。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE