女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

普段は立ち入れない「幻の観光スポット」

   


東京に「秘密の森」と呼ばれる場所があった

東京都国分寺市に、手つかずの自然が残された場所があります。そこは、なんと企業の敷地内

創業者である小平浪平氏の「よい立ち木は切らずに、よけて建てよ」という言葉に従い、約70年間にわたって武蔵野の森が守られてきました

【多摩の桜巡り】こちらは年2回一般公開される国分寺市 日立製作所中央研究所。桜と新緑、さらに野川の源流を拝めることができました。次の公開は11月13日だそうです。#たま発 pic.twitter.com/D4j2Gh7hRA

日立製作所 中央研究所の森に行ってきました。一般公開は年に2回だけということもあり、人は多かったですね。 pic.twitter.com/zsnx5OQOzr

恵まれた自然環境を求めて、さまざまな生き物たちが集まってきます。塀ひとつ隔てただけの空間に、外の市街地とは違う生態系が形作られているのです

10年に一度しか渡れない「神の橋」

呉橋。ここから先は神域 pic.twitter.com/RxNCL5dhPN

呉橋(くれはし)。普段は扉が閉まっており入ることができません。

大分県の北部、国東半島の根元に位置する「宇佐神宮」。本殿は価値ある建築物として国宝に指定されています

10年に一度の勅使祭(天皇の使者が派遣されて行われる神社の祭祀)のときにだけ扉が開かれる

2015年に、本殿遷座祭に伴い二日間だけ一般開放されました。

宇佐神宮の10年に一度開かれる呉橋を渡ってきた。
絨毯の上を歩くように言われたんだけど、納得。
そういえば、正月の巫女のバイトの時にチラッと見た本殿の廊下も同じようにピカピカしてた。 pic.twitter.com/7Kl8hwTyeh

むっちゃきれい…。

昨日、八幡総本宮 宇佐神宮に参拝にいき呉橋をわたりました。
74ねんぶりの本殿遷座祭で27日の夜は勅使さんたちが渡りなんとも荘厳な雰囲気だったようです。
外も中も艶やかな朱色で雅な橋でしたよ。
お礼参りと祈願をしてきました♪ pic.twitter.com/nqAuYvcdx9

すぐ横にも橋がかけられているので、覗くことができるそうです。

7年に一度しか出現しない「幻の池」

普段は周りには沢や水たまりがなく、7年に一度水が湧くといわれる不思議な場所

ちょっと見にくいかもだけど、実家の近くの不思議池。7年に一度山頂部に現れる池。でも数日で消える。 pic.twitter.com/uYujjj8HPr

出現するのは7年といわれていますが、前回は2010年、前々回は1998年、さらに前は1989年…。と、必ずしも7年ではないようです

出現した湖は20日ほどで水が引いて元の風景に戻ってしまうのですが、期間限定だからこそ魅力を感じます

浜松にある「池の平」はただのくぼ地なんだけど、7~8年周期で突然池が沸いて数日で元のくぼ地に戻るのよ。だから「幻の池」なんて言われてるの。桜ヶ池に住む竜神様が諏訪湖に遊びに行く際、池の平で休息するという伝説もあるのよ。前回は2010年に沸いたから、次はまだ先ね・・・

年に一回だけ公開される、香川県の「津嶋神社」

行きたいと思っててやっと行けた津嶋神社 いい思い出になりました pic.twitter.com/Gq6i0pt539

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE