女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

実は逆効果…!乾燥時にやりがちな「間違い肌ケア」

   


保湿アイテムをべったりつけてませんか?

乳液を何度も使用することは過剰な油分を与えることに。肌が皮脂過剰だと勘違いして皮脂の分泌を抑制してしまうおそれが。

保湿系アイテムは、塗り過ぎも塗らな過ぎも、効果を減少させてしまいます。大切なのは「適量をしっかり塗ること」です。

肌に密着させたいからといって強い力で乳液をすり込むのは肌を摩擦し、負担を与える原因になってしまいます。

化粧水をたっぷりつけるのもダメ!?

角質層がふやけてきてしまうのです。その結果肌のバリア機能が乱れるだけでなく、肌の水分が抜けやすい状態に陥ってしまうのです。

肌のダメージが強い場合、化粧水がバリア機能を通過し深部にまで浸透して、赤味や痒みを引き起こすこともありますから要注意です。

強すぎるパッティングや、シートマスクの長時間の使用がかえって逆効果になることも。

肌に浸透しないほどの量をつけている場合、表面に残った化粧水が蒸発する際に一緒に肌の水分まで蒸発している可能性があります。

乾燥する冬はこのアイテムに気をつけて

「しっかり塗っているのに乾燥してる…」なんてことも。この時期は、そういったケアアイテムでは物足らないのかもしれません。

「朝、一度オイルをつければ夜まで乾燥しない」と思いがちですが、知らない間に乾燥が進んで、肌トラブルを引き起こすことも。

上から化粧水をつけようとしても、ブロックしてしまうため浸透しません。つまり、一度オイルをつけてしまうと、重ねての保湿ケアが難しくなってしまうというわけです。

加湿器の使い過ぎが乾燥肌を作る!?

部屋の加湿のしすぎも実はNGなんです。家具まで湿って室内の熱を逃がしてしまうことになるからなんですって!

体が冷え、血流が低下すると油分が作られにくくなります。肌内の水分は蒸発しやすくなって、肌は乾燥してしまうのです。

加湿しすぎた室内から、一歩外に出るとそこは乾燥しています。ギャップに耐えられなくなった肌は余計に乾燥しやすくなってしまうのです。

スプレータイプの化粧水をあてて「しっとりした!」と思っても、その水分が蒸発する時にはさらに肌を乾燥させてしまうのと同じ現象が起きているだけなのです。

(1)外壁に面している(2)暖房が届きにくい。この条件を満たす壁を壁が最も冷たくなる朝に、手をあてて確認。濡れていたら加湿しすぎのサインです。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE