女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

産後ダイエットの危険性。はじめる前にぜひ読んで!!

   


産後の身体

収縮をつづけながら、約6週間かけて、妊娠前の元の大きさに戻ります。この期間を「産褥期」といいます。

出産によって、あなたは妊娠中に増えた体重の約半分を失いました。残っている増加分のほとんどは水分であり、尿や汗が増えて、数週間のうちに体外に排出されていきます。残りは、母乳を作り出すために残っているもので、数カ月かけて減っていきます。

基本的には身体には妊娠前に戻ろうとする働きが基本備わっています。

無理な産後ダイエットによる直近の影響

授乳中のお母さんは、知らないうちに貧血が進んでしまっていることも多いのです。

母乳を出すために、1日約600kcalを消費すると言われており、お母さんの体からはたくさんの栄養が外に出ていきます。お母さんが栄養不足にならないように食事のバランスに気を付けながら、赤ちゃんに思う存分母乳を飲んでもらうことで、産後ダイエットにつながり、体重も適正になっていきます。

無理なダイエットは体力の低下や筋力低下、体調不良、母乳を出なくする、育児ストレスなどを引き起こし、その後の育児を困難なものにしてしまう可能性があるのです。

直接の影響があるものの中では、便秘があります。
ホルモンバランスの崩れによって自律神経が崩れて、ストレスも感じやすくなっているときに便秘などなってしまうと、まさに負のスパイラルに陥ってしまうんです。
便秘で体内に毒素もたまりやすい状況にもなり、おっぱいにも影響を与えかねません。

授乳中の食事制限によるダイエットは母子ともに悪影響をもたらす可能性があります。
まずは栄養バランスの整った適切な食事を取ることが赤ちゃんとママの為に重要です。
間違っても一時期流行った「ばっかり食べ」ダイエットは厳禁です。

将来の危険性

産後ダイエット運動するのが早過ぎると、長時間のボディービルで骨盤靱帯が厳重に弛緩になったら、子宮、膀胱、直腸が膣に突き、子宮脱、尿失禁、排便困難などの症状を引き起こす可能性があります。この様の症状は産後にすぐに現れません、ほどんとは十年後徐々に顕って来ます。

ダイエットで食事制限していると、脳が「食べるものがないんじゃないか?」と勘違いしてしまうんですよ。こんな食べるものがない時に

妊娠したら困る、じゃあ妊娠すまい、排卵を止めよう、生理を止めよう…、体がそういう風に考えてしまって、生理が来なかったり、妊娠しにくくなったりするんですね。この状態で妊娠すると自分の体にとって良くないから今はやめておこうと、自分の体を守るために無排卵や無月経になってしまうのです。

生理が早くなくなってしまうということは、若くして老化が始まってしまうことなんですよ。
卵巣から分泌される2種類のホルモンのうち、エストロゲンは女性の老化を抑える働きがあると考えられています。閉経を迎えるとエストロゲンの分泌は急速に低下します。その影響で、骨がもろくなって骨粗しょう症になったり、コレステロール値が上がりやすくなります。

直近の不調だけでなく、将来に渡る不調の原因を作ってしまうかもしれないセンシティブな時期ということを忘れないでおきましょう。

そうは言っても、締まりの無い身体に女として焦りを感じるのも当然。
何時ごろからどんなダイエットを始めれば良いのでしょうか。

骨盤や食事などが成功の鍵

骨盤が開いたままだと内臓の位置が下がり、体に様々な不調をきたすだけでなく、贅肉がつきやすくなります。対策としては、少し育児に慣れてきた産後2ヶ月~3ヶ月頃から骨盤を引き締める体操をおすすめします。

産後の骨盤矯正を本格的にスタートさせるオススメ時期は、出産後2ヶ月です。
出産後1ヶ月を過ぎると関節などを柔らかくするリラクシンというホルモンが減ってしまうため、関節が柔らかい時に骨盤をしめたいと考えがち。ですが出産直後に開始するのはNGです。
出産後は子宮から悪露(おろ)という子宮内に残っていた血液や、子宮内膜のかけらなどが出てくる出血があるのですが、無理に骨盤矯正を始めてしまうと、これが出にくくなる危険性があります。焦らずに自分の体と相談しながら行いましょう。

きちんと必要な栄養を摂る、という前提のもとでの食事制限ならば、出産直後から始めても問題ないのですが、著者の場合、妊娠中の体重管理でストレスが溜まっていたので、産後1か月は好きなものを食べ、ダイエットのことは考えないようにしました。
著者が産後ダイエットのために食事制限を始めたのは、産後1か月を過ぎて、精神的にも安定し、育児にも慣れてきたころです。

バランスのよい食事は母乳にもよく、代謝機能を正常にし
痩せやすく太りくい体質になるそうです♪

産後は常に適切な食事が鉄則です。
その上で食事は1ヶ月半過ぎから、骨盤周りへのアプローチはは2ヶ月以降という具合に少しずつスタートする方がよさそうです。
育児だけでもそれはそれは大変な負荷が掛かっているのですから、身体の声を聞いて、少しでも不調を感じたら無理をしないように心がけましょう。

いかがでしたか。
可愛い赤ちゃんはあっという間に歩き出し、今度は走り回る子どもになります。
元気に走り、飛びまわる、子どもを追いかけられるように、産後のママは数年先を見越した体作りを意識しましょう。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE