女磨きの心得

意識を変えれば、美しさがキラキラと湧き出てきます。

季節の野菜でダイエット&健康 下腹部を引っ込めマイナスウエストへ

   


春野菜~夏野菜

暖かくなることから、畑ではたくさんの野菜が育ちはじめます。
季節の野菜を食べること。太陽の光を浴びて育つ野菜。”旬”を味わいたい物です。
種から育ち実になる、実を作る野菜は成長において生きる力の原動力を持っています。

春・・・旬!

山の恵み・・・タケノコ しいたけ ぜんまい ふき
緑の野菜・・・そらまめ えだまめ ブロッコリー こまつな ほうれん草
       アスパラガス レタス きゃべつ
白い野菜・・・大根 たまねぎ

夏・・・旬!

緑の野菜 ・・・モロヘイヤ にら さやいんげん 青梗菜(ちんげんさい)
        おくら かぼちゃ キュウリ なす

大切な栄養のバランス

忙しい毎日の中で抜けがちな朝ごはん。
まずは3食を食べることを基本にすることが大切!

少し早めにおきて、目覚めにしっかり食べることが1日の始まりです。

食べ方は年齢や生活スタイルで決まります。
正解や間違いと決めることは出来ません。
塩分や脂質は年齢や動きによって異なります。
それに代わりカルシウムや鉄が不足しがちだと言われています。

毎日の生活における食事の時間はできる限り同じことが望ましいといわれています。
体の中でリズムを刻んでいるからでしょう。

隠れ肥満になっていませんか?

体脂肪率を測りましょう!

男性の隠れ肥満(性質)

ついつい昼ごはんとしての時間はとれず、パンやサンドイッチなどを片手に仕事を継続する仕事。
座っている時間がほとんど!

内臓脂肪型の肥満が多く、成人病になる可能性が女性より高い!
どんな人に多い?
見た目は痩せているかもしれません###
事務系の仕事をしていて、運動が少ない人に多い!

女性の隠れ肥満(性質)

皮下脂肪型の肥満が多く出来てしまいます。
腰回りや下腹部、太ももなどの下半身に脂肪がつきやすく、スタイルが悪くなります。
体重は変わらないのに、体型だけが重力に負けて下がっている??
と思いがちですが、これが隠れ肥満なのでしょう。

ガン予防にどんなものが効果的?

スプラウト(ブロッコリーの芽…免疫力が強い)
椎茸やキノコ類
アサイー
■がん予防 抗酸化作用のある野菜を必ず取ることが大切です。
毎日バランスのいい食事を取ることが大切ですが、特に野菜は1日30グラム以上取ることが大切です。
がん予防に効果が強い野菜
「にんにく、キャベツ、しょうが、大豆、にんじん、セロリ、バースニップ」

たまねぎ とまと にんにく・・・野菜を食べるっていろいろな方法があるね!

コレ!出来るか・・・1日分の野菜

緑黄色野菜のいろいろ

色の濃い野菜をたくさん食べることは体に良いことだと思います。
もちろん、肉や魚も必要としますが、現代人にとって不足しがちなものはやはり野菜だと緒見ます。
食べ方だって同じです。
まずは野菜から箸を付けましょう。イタリア料理でも前菜は必ずいろとりどりの野菜がのってきます。毎日野菜を取ることは大切です。

 - 未分類

×
CLOSE
CLOSE